2020/09/25 05:27 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本、東日本は太平洋側で激しい雨
・東北は風雨強まる
・北海道は天気が下り坂


今日25日(金)は本州の太平洋沿岸を進む低気圧と、台風12号から変わった低気圧の影響で、西日本から東北の広い範囲で雨が降る見込みです。

高知県室戸岬では5時20分までの1時間に100mmを超える猛烈な雨を観測しました。この雨を降らせた雨雲が太平洋側を東に進むため、西日本から東海の太平洋側では非常に激しい雨や雷雨に注意が必要です。

また、東北の太平洋側でも強い雨や風に警戒してください。

西日本、東日本は太平洋側で激しい雨

西日本、東日本は雨の降るところが多く、四国は午前中、近畿南部は昼過ぎまで、東海は午後に激しい雨の降るおそれがあります。1時間に50mmを超える非常に激しい雨が降るおそれがあり、道路冠水や中小河川の急な増水などに注意が必要です。

雨雲レーダーを確認し、外出は雨のピークを避ける、アンダーパスなど冠水しやすい場所は通行しないなど、危険と感じるところには近づかないようにしてください。

東北は風雨強まる

台風12号から変わった低気圧の北上と、西から近づく上空の気圧の谷の影響で、東北は広い範囲で風雨が強まります。

特に東北北部の太平洋沿岸で雨や風が強く、総雨量で100mm以上の大雨や、瞬間的に25m/sを超えるような暴風に警戒をしてください。

北海道は天気が下り坂

午前中は日差しの届くところがある北海道は、道南から天気が下り坂です。早いところでは昼過ぎから雨が降り出し、札幌など道央でも夜には雨が降り出します。お出かけには折りたたみの傘など雨具が必要です。

特に道南では遅い時間ほど雨や風が強まるおそれがあるので、丈夫な大きな傘をお持ちください。