【自然とクルマを満喫】三菱自動車が主催する「スターキャンプ」が凄い!

【自然とクルマを満喫】三菱自動車が主催する「スターキャンプ」が凄い!

多彩なコンテンツで791人がキャンプを堪能!

三菱自動車が主催している「スターキャンプ2017」が7月29日・30日に静岡県・朝霧高原で開催された。三菱車だけに限らず国問わずの車種も参加することが可能な「スターキャンプ2017」は220組791人の参加者が集い1泊2日のキャンプを楽しんだ。

1991年から行われている「スターキャンプ」は2017年で15回目の開催。開催しない年があったものの、毎回募集人数を超えた申し込みがある、人気イベントだ。

今回は生憎の曇り空だったが、それでも29日土曜日のイベント広場は多くの参加者が楽しんでいた。「遊べる」「学べる」体験をテーマに組まれたプログラムは、なんと20種類も用意される。子供から大人まで自然のなかで思いっきり楽しんでいる様子が印象的だった。

クルマを使って楽しめるコンテンツは3つ用意されていた。三菱の誇る4WDカー、アウトランダーPHEV、デリカD:5、パジェロを使用し、専用オフロードコースでの同乗&試乗会。さらに会場周辺でアウトランダーPHEVを試乗することができた。

一番人気のコンテンツはクリーンディーゼルエンジンを搭載するデリカD:5とパジェロを使用し、両車の実力を体感することができる4WDキット同乗体験会だった。ドライバーを担当した増岡浩さんは「パリ・ダカールラリー」で優勝経験を持ち、現在は三菱車の開発などを行っている。

増岡さんは「平地などで体感して頂く機会が多いですが、今回は雨で、こうした悪条件での体験が1番クルマの性能がわかると思います。スターキャンプは三菱らしさがよくわかるイベントです。このイベントは。ユーザーさんへのサービス、購入して頂いた三菱車ファンに感謝の気持ちを込めて行っています。私は1991年の第1回目から参加させて頂いておりますが、来て頂けるオーナーさんを見ると、車両を作る側も嬉しいですね」とコメントしてくれた。 

また、そのほかにも三菱自動車展示コーナーでは、アウトドアを強調したデリカD:5とアウトランダーの特別仕様車「アクティブギア」のほか、2017年2月のジュネーブ国際モーターショーで世界初公開されたエクリプスクロスを展示。多くの人の目を惹きつけていた。その隣ではアウトランダーPHEVから電源をとり、昼はカフェ、夜にはバーとなるコーナーも用意された。

さらにキャンプ用品を手掛けるコールマンの協賛により、キャンプに役立つ相談所やワークショップ用意しアウトドアの楽しさを体験。さらに話題のスラックラインやトランポリン、「球舞」によるサッカーパフォーマンス、スポーツクライミング、お絵かき、水遊びなど、充実したコンテンツ内容だった。

また会場にはアルピニスト野口健さんのアウトランダーPHEVが展示され、夜のトークショーに登場。参加していた来場者に富士山について語り、盛り上がりを見せた。同時に恒例のキャンプファイヤーと浜崎貴司さんによるアコースティックライブが行われ、土曜日が終了した。

今回我々WEB CARTOP編集部もアウトランダーPHEVで参加。1500Wの電力を使用し、LEDでタープ内を明るくし、電気調理器により料理も行った。

今回は雨天ということもありテントは立てずに車中泊を体験。アウトランダーPHEVはエンジンを止めた状態でもエアコンが使えるため、湿気で体がベタベタすることもなく快眠できたことを付け加えたい。このクルマであれば、災害時なども間違いなく活躍してくれるはずだ。

ウェザーニュースとコラボレーションした雲海ツアーも行った!

同時開催イベントとして、三菱自動車とウェザーニュースがコラボレーションし全国20カ所の雲海出現を予測するシステム「雲海出現NAVI」を使用したツアーもおこなれた。抽選で選ばれた5組と一緒に雨天のなか、早朝3時30分に集合して富士山五合目までバスで向かうこと約1時間。

残念ながら観測時間に見ることは出来なかったが、雲海博士による仕組みや理論などを教えてもらった。またペットボトルにアルコールを少量入れ、ポンプを圧縮しふたを開けると雲をできるという実験が行われた。雲のなかで雲を作るという珍しい体験をすることができた。

そして誰もが諦めていた、帰りのバスで一区間だけ雲海を拝むことに成功! 思わず「これも運かい……」と呟いてしまったのは内緒だ。

日曜日は時間が経つほどに天候が回復していき、汗ばむ陽気に変わった。前日のコンテンツと内容が少し変わり、キャンプを楽しんだ1日の始まりにラジオ体操が追加されるほか、丸太切り体験が追加され、イベント終了の15時まで目一杯楽しむことができた。次回は2017年8月26日、27日(残念ながらすでに受け付けは終了)に宮城県・吹上高原で行われる。三菱車以外でも参加可能なスターキャンプ。来年は、ぜひ申し込んでみてはいかがだろうか。1泊2日を通して自然を満喫しつつ、普通のキャンプでは体験できないコンテンツを楽しめるはずだ。

スターキャンプ参加者の声

「子供の頃にも来たことがありますが、自分のクルマで参加するのは今回で2回目になります」と話してくれたOさんの愛車は初代L型パジェロ。もともと同じ色のディーゼルエンジンのL型パジェロを15年乗っていたが、現在はガソリンモデルのL型パジェロに乗り換え、前車両と同じ色にしたというほどのこだわり。

Oさんは「パジェロは子供の反響もいいですね。今年はデリカが多くてビックリしました。皆さん、アウトドアの達人で、1台1台じっくり見ても参考になります。中央の広場で子供達がいろいろと遊べるのがいいですね。
もし要望が通るなら、毎年同じ時期に開催して欲しいですね。そうすると予定も入れやすいです。それとSNSが流行っているので、たとえば写真教室など開いて、そのままSNS発信のようなタイムリーなことが出来ると面白いかもしれません」とコメントしてくれた。

8年間で13万kmを走破し、総走行距離は28万kmを指しているOさんのパジェロ。「本当は、もう30万kmになっているはずなのですが……。近々、北海道旅行に行くのですが、もちろんパジェロと一緒に行きます」と話すOさん一家は、この先もパジェロでアウトドアを楽しむことだろう。

名古屋から初参加したというIさん夫婦は、月イチでキャンプを楽しむ大ベテラン。スターキャンプはスタッフの対応が良くてコンテンツも面白くて満足度が高いと絶賛。

「今乗っているデリカは購入してから半年の2台目で、1万kmの走行ですが、前乗っていたデリカは9年で11万km走りました。デリカはフロントの顔つきが格好良いのと、私のライフスタイルにぴったりでした。荷物もわんこも乗せられてクルマそのものに不満はないですね」

「大人でもスタンプラリーを楽しめました。子供向けのイベントが多いことも良いと思います。それと終わってからも、アレよかったよね! と振り返ることができるのでいいですね。僕らは遊び方にこだわりをもっているので、これからもデリカと愛犬とキャンプを楽しみます」と話してくれた。

画像ギャラリー

関連記事

WEB CARTOPの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索