【現地取材を敢行!】東南アジア最大級の第25回インドネシア国際オートショーが開幕

【現地取材を敢行!】東南アジア最大級の第25回インドネシア国際オートショーが開幕

日本メーカーの新型車ラッシュ

 世界4位となるインドネシアの人口は2億4千万人。そのインドネシアで東南アジア最大級の「第25回ガイキンド(インドネシア自動車製造社協会)・インドネシア国際オートショー2017(GIIAS)」が8月11日〜21日の期間、首都ジャカルタの郊外(バンテン州南タンゲラン市、インドネシア・コンベンション・エキシビション)にて過去最大規模で開催される。

 今回で25回目の開催となるインドネシア自動車製造業者協会(GAIKIND)が主催するオートショーは、乗用車メーカーが28ブランド、商用車8ブランド、360社を超える過去最大規模の企業が出展した。また同イベントは東南アジアでは最大級のオートトレードショー(即売会)にもなっている。昨年の来場者数は過去最高となる45万人が来場、販売台数は開催期間内に1万9830台を数えている。

 車両取引額は5兆7768億4611万3009ルピア、日本円にしておよそ578億円にも及ぶ規模となる。家族が多いインドネシアで人気なのがコンパクトサイズの7人乗りの日本車だ。低価格エコカーの税制優遇が受けられるLCGCモデルは、トヨタを始めホンダ、ダイハツ、スズキなどが精力的に新車を投入していることもあり、インドネシアでの日本車のマーケットシェアはなんと95%以上で、日本より日本車の保有割合が多いのだ。

 今年の注目モデルを簡単に紹介しよう。トヨタでは高級車となる「ヴォクシー」が発表された。三菱は昨年のこのショーで世界初公開したコンパクトクロスオーバーのコンセプトモデルを「X PANDER」と名付けて世界お披露目。このモデルは今年4月に完成したインドネシアの新工場で生産予定となっている。このほか日本から一番最初にインドネシアに進出したダイハツ、シェアではトヨタを追うホンダも人気のモデルを多数展示する。マツダはCX-5を発表するなど、日産、スズキ、いすゞも人気車種を多数展示している。

 日本車以外の乗用車ではMINIが人気となっておりBMWとの共同ブースは活気が溢れていた。ほかにはメルセデス・ベンツ、AUDI、VW、ルノー、JEEP、タタ、FAW、中国の五菱、韓国のヒュンダイ、起亜などが出展している。商業車ではFUSO、UDトラック、HINOなどの日本勢も例年と同じように大きなブースを構え新型車などをアピールしていた。

 また今年は、インドネシアでの「自動車カスタマイズ交流・発展」の活性化を目指し現地の自動車アフターパーツ・マーケット協会「NMAA」と日本の「大阪オートメッセ」が合同でPRブースを設置。ブースにはKUHL JAPANPROJECT NISSAN R35GT-Rを展示する他、ENKEIやKYOHO、RAYS、TANABE、WORKといった人気・実力ともに日本が誇るホイールメーカー、BRIDEやCUSCO、ENDLESS、FUJITSUBO、TOMSといった世界に名を轟かせているカスタマイズメーカーが商品を展示する初の試みも見どころとなっている。

関連記事

WEB CARTOPの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索