中古車購入後のお手軽作業で前オーナーの「痕跡」を消す方法5つ

中古車購入後のお手軽作業で前オーナーの「痕跡」を消す方法5つ

中古車購入後のお手軽作業で前オーナーの「痕跡」を消す方法5つ

中古車の汚れをキレイにするにはまず手アカの掃除から!

 中古車がイヤという理由のひとつが、ほかの人が使ったものは抵抗があるというもの。クルマに限らず、同様の意見は出てくる。逆を言うと新車の魅力はまだ誰も使っていない、まっさらの新品であることだとも言える。

 とはいえ、中古車なら安く買えるというのは大きな魅力だし、品質的にも最近のモデルであれば壊れにくいので問題はない。となると、なおさら前のオーナーの痕跡は消したいものだ。今回はツボをおさえた、痕跡を消す方法を紹介しよう。

1)手で触るところをきれいにする

 手アカ、手の脂などというように、手が触れるところは汚れやすいし、汚い。ステアリング、シフト、インパネのスイッチまわり、シートベルトのボタンなど、よく触るところを拭き上げる。

 使うのは固形せっけんでいいので、水を付けて絞ったタオルに少しつけて拭き上げ、再度の水拭きと乾拭きで仕上げる。

2)カーナビの画面

 タッチパネルが主流なだけに、1)と同じように手アカが付いている。こちらはデリケートなので、マイクロファイバークロスで軽く拭く。眼鏡拭きも拭き跡が残りにくいのでオススメ。

内装の汚れは目立つとかなり貧相に見えてしまう

3)シート

 シートというのはよく考えたら、汗が染み込むわりにはまったくといっていいほど洗わない部分だ。使うのは専用のシートクリーナーでも構わないし、固形石けんでも構わない。石けんを使う場合、シートに染みるぐらい水を多めに含ませるのがコツ。

 クリーナーをかけたり、石けん水拭きしたら、トントンと叩く。こうすることで、染み抜きと同じで、内部に入った汚れが出てくる。あとは水拭きと乾拭きで仕上げる。

4)掃除機がけ

 汚れやすいうえに、汚れが目立つとかなり貧相に見えるので、中古車店でもかなり丁寧にかけるが、今一度、カーペットを全部外して、シートの下までしっかりと掃除機をかけておく。さらにペダルの奥は盲点なので、こちらも。もしペダルに土が付いていたら、ブラシで落としおこう。

5)天井

 こちらはかなりの盲点。静電気で汚れが付きやすいのだが、場合によっては毛がいっぱいくっ付いていたりする。ちなみに毛はヘッドレストにも付きやすいので要注意だ。またタバコのヤニで黄色くなっている(煙は上に上るので)こともあり、その場合は水拭きでいいので拭いて落とす。


関連記事

WEB CARTOPの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索