道を熟知しているからカーナビなんて必要ない! という人でもあえてルート案内を使うべきイマドキの理由

道を熟知しているからカーナビなんて必要ない! という人でもあえてルート案内を使うべきイマドキの理由

道を熟知しているからカーナビなんて必要ない! という人でもあえてルート案内を使うべきイマドキの理由

カーナビは道案内以外にも重要な役割を担う

 カーナビのルート案内機能は、知らない場所へ行く時しか使わないという人は多い。方向感覚に優れ、かつ地理に精通した人は、カーナビに頼る必要性をあまり感じなかったり、カーナビに頼ることを恥とするように見受けられる。そんな人にとってのカーナビは、あくまで地図代わりの参考まで、という程度のものだろう。

 一方、筆者は方向音痴なので、よほどの近場でない限り、毎度目的地を設定してカーナビのルート案内を利用する。いくら方向音痴といっても、行き慣れた場所への移動で道に迷うことはあまりない(皆無ではない)のだが、カーナビに求めるのは道案内ではない。ルート上に事故や工事、各種規制による渋滞情報をいち早くキャッチしたい、というのが最大の目的だ。

カーナビを使用することで安全運転にも寄与する!

 カーナビ上の到着予想時刻が急に遅くなったり、高速道路から降りるルートを表示したりするときは、その先に酷い渋滞が発生しているということなので、ルートを変えたり、遅れることを連絡するなどの対処ができる。

 とくに目的地が遠い場合、道中では不測の事態が起こる確率は高くなるので、道を間違える失態を犯さないタイプの人に対しても、つねに目的地を設定してカーナビを利用することをオススメしたい。

 大型連休にもなると、同時多発的な事故渋滞が発生しやすいので、なおさらカーナビのルート案内機能の重要性は高まる。スマホの地図アプリも同様に有効だ。

 また、現代のほとんどのカーナビに機能される道中のさまざまな情報発信も、ルート案内中にはより詳しくピンポイントで知らされるようになるので、これも有効。

「この先、事故多発ポイントです」などと警告されると警戒する意識が高まるものなので、安全性の向上につながる。


関連記事

WEB CARTOPの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索