【歩行者にとって圧倒的に危険な薄暮時】真っ暗な夜よりも多いクルマの交通事故の中身と回避する方法

17時台から19時台は交通事故が多い

 道路上の掲示板に夕方は早めにライトを点灯という表示を見かけることがあるが、実際のデータ上でも夕方、いわゆる薄暮の時間は事故が多い。ちなみに薄暮とは日没時刻の前後1時間を指す。

 具体的に死亡事故のデータ(平成25年〜29年)を見てみると、17時台から19時台までは、それぞれ他の時間よりも多い。また10月から12月の3カ月間もそれぞれ、他の月よりも死亡事故は多く発生していて、日の入りが早い時期も注意が必要なことがわかる。

 さらに事故の内容はというと、自動車と歩行者が一番多く、昼間よりも4倍多いというから驚くし、薄暮を除く夜間よりも多い件数となっている。場所も、事故全体でみた場合に横断中が一番多いのだが、薄暮の事故は8割近くが横断歩道以外で起きているというのも特徴的だ。

空の色が沈んできたらすぐにライトオンすべき

 これらのデータから見える状況はというと、歩行者側はクルマを発見しにくいということ。クルマがライトを点けていない割合が多い時間帯とういのもあり、発見が遅れがちだ。警察庁は横断禁止場所での横断など歩行者側の違反が多いとしているが、実際に事故となると、歩行者は交通弱者となり、クルマ側の前方不注意も加味されて、過失割合はクルマのほうが高くなる。

 見えにくいところを突然渡られても気づきにくいのは事実かもしれないが、過失割合についてはこれが現実だ。もちろん過失割合うんぬん以前にどんな理由であれ、事故は起こさないようにしたい。

 結局、防止策としてはライトを早めに点けるようにするしかない。今後はオートライトの装着が義務化されるが、現在路上を走っているクルマすべてにオートモードが付いているわけではないし、付いていても使っていない人もいる。以前は前のクルマのナンバーが読みにくくなるのが点灯の基準と言われていたが、それでも遅いように思う。空の色が沈んできたらすぐに点けるぐらいがいいだろう。

 歩行者側も無理な横断は避け、渡る場合も左右をよく確認するのはもちろんのこと、反射材を装着するなどの対策も行なってほしい。クルマ、歩行者いずれの場合でも、薄暮は目が暗さに慣れていない時間でもあるだけに、念には念を入れても入れすぎることはない。