【信号機・ETCゲートバー・カーブミラー!】道路にある設備を事故って壊すといくらかかる?

身近な道路の付属物も事故で壊した場合は賠償金が請求される

 事故を起こしてしまったときに、一番に気になるのは人的被害。人身事故無制限の保険に加入していても、人身事故はお金では償いきれないことのほうが多いからだ。

 一方、物損事故だと相手のクルマや店舗などを損傷した場合、高額な賠償金が生じるが、じつは信号機やガードレールなど、身近な道路付属物も意外なほど高額で、事故で壊した場合は賠償金が請求される。その損害賠償金がいくらぐらいか知っておこう。

1)信号機

 信号機本体はLEDタイプで14万円前後とのこと。だが倒壊させてしまった場合は、信号柱や工事費などがプラスされ、300万円以上になることも少なくない!

2)ガードレール

 ガードレールの本体価格は1メートルあたり1万5000円前後が目安とされる。しかし、事故でガードレールを壊したとなると、工賃や誘導係の人件費などが加わり、ひと声30万円〜と、意外に高い。

3)ETCのゲートのバー

 ETCのゲートバーは、1本約6万円。ETCで止まりきれなかったり、カードを挿入し忘れていたり、カードの有効期限が切れていたりして、ゲートのバーを折ってしまった場合、だいたい左右セットで12万円〜ということになる。ETCに関してはうっかりミスが大半なので、カードの挿入や有効期限をチェックして事故を未然に防ぐようにしよう。

驚くほど高額な標識もある

4)カーブミラー

 カーブミラーの本体価格は2〜4万円と比較的安価。ただ例によって本体価格だけでは収まらず、道路使用許可申請手数料や掘削工事、舗装料などが加わるので、20万円前後は請求される。

5)電柱

 NTTなどの7mタイプは、1本数万円。電力会社などの15mタイプの電柱は、1本15万円前後だが、工事費は高い。折れた電柱を引き抜いて新たに埋設するには、20〜60万円の工賃がかかる。また電線が切れて、停電などを引き起こしてしまった場合は賠償金が数百万になることも!

6)道路標識

 一般的な小さな道路標識なら、10〜50万円。交差点にある行先案内タイプの大きなものは数百万円。高速道路の電光掲示式は、約1000万円とも言われている。

 どうだろう。それぞれ思った以上に高額だったはず。万が一に備えて、自動車保険(任意保険)の対人・対物保険は「無制限」に加入しておくのはマストだが、ちょっとした不注意で公共のものを壊して、高い賠償金を請求されないように日頃から安全運転を心がけるようにしよう。