スーパーGTマシンが目の前でエンジン始動! チャンピオンマシンそろい踏み【大阪オートメッセ2020】

レースマシンを間近で見られる貴重な機会!

 2020年2月14日(金)から16日(日)の3日間、インテックス大阪で開催されている「大阪オートメッセ2020」。このイベントには、市販車をベースにした日本のツーリングカーレースの最高峰として大人気のSUPER GT(スーパーGT)もブースを出展している。会場には2019年シーズンの戦いを制したレーシングカーなどが展示された。

 西ゲートの目の前にあるインテックスプラザに「SUPER GT featuring OSAKA AUTOMESSE」ブースが置かれている。2019年シーズンのGT500でチャンピオンを獲得した「#6 WAKO’S 4CR LC500」とGT300クラスのチャンピオンマシン「#55 ARTA NSX GT3」を展示。レース車両を間近で見られる機会とあって、多くの来場客がマシンを見に訪れていた。

 また、時間帯によっては生のエンジンサウンドが間近で聞けるデモンストレーションや、SUPER GT参戦ドライバーによるトークイベント、サーキットクイーンに会えるイベントなども用意。ほかにもキッズカート体験会も同時に開催し、大人から子どもまで楽しめるイベントとなっている。

 スーパーGTの展示はインテックスプラザだけにはとどまらない。6号館Aゾーンにもブースを設け、2019年シーズンを終えたGT500クラスの「#8 ARTA NSX-GT」を展示しているほか、グッズの販売や2020年シーズンの開幕戦チケットの販売なども行なわれた。

 まもなく、2020年シーズンが開幕! 初戦となる「2020 AUTOBACS SUPER GT ROUND1 OKAYAMA GT 300KM RACE」は岡山県の岡山国際サーキットにて予選が4月11日(土)、決勝は12日(日)に開かれる。15年ぶりにGT500クラスに復帰するトヨタ・スープラなど、今シーズンも見所満載のSUPER GTから目が離せない!