安全装備&運転支援装備で圧倒! 打倒ホンダN-BOXの新型日産ルークスがもつ優位点

「打倒N-BOX」をもくろむ新型日産ルークス!

 今、日本でいちばん売れているクルマはホンダN-BOX。そして国産車全体の販売台数ベスト6を軽自動車が独占し、ベスト4のうち3台が、1位N-BOX、3位ダイハツ・タント、4位スズキ・スペーシアという、ミニミニバンとも呼べるスーパーハイト系軽乗用車だ。では2位に割って入るクルマはというと、ハイトワゴン系の日産デイズである(2020年2月のデータ)。

 そんななか、スーパーハイト系軽自動車に「打倒N-BOX」をもくろむ新たなモデルが登場した。そう、3月19日に発売が開始された日産デイズルークス改め、日産ルークスである。日産が初めて軽自動車をいちから開発した大人気のデイズをベースに、スーパーハイト系に仕立てた待望の1台であり、基本部分は三菱ekスペースと同じと考えていい。

 ここでは、王者であるN-BOXに対して、新型ルークスのどこが優位なのかを解説したい。まだ試乗は行っていないので、公表されているスペックに基づいた評価と、ショールームでの印象であることをお断りしておきたい。

 まずパッケージングでは、ボディの全長、全幅は軽乗用車の規格上、同一。全高もN-BOXが1790mm、ルークスが1780mmとほぼ同じである。ホイールベースはN-BOXが2520mm、ルークスが2495mm。室内長もN-BOXが2240mm、ルークス2200mmと、N-BOXがリードしている(長い)。

 とはいえ、N-BOXを徹底研究しているはずの新型ルークスだけに、パッケージングの”技”で、後席膝まわり空間はほぼ同一。身長172cmの筆者がドライビングポジションを決めた背後に座れば、最大約450mm前後のスペース(N-BOX)があるから十分すぎる。ここまでの広さになると、優劣はつけられない。大型セダンの倍近くはあるからだ。

 運転席に座ったときの視界は、ルークスが高い。なにしろ先代デイズルークスに対してヒップポイント(着座位置)を60mmも高め、インパネ上面をすっきりとした水平基調にすることで、ミニバン並みの見晴らし視界が得られるとともに、車体前端直近の視認性を高めている。前席の見晴らし視界、という点ではルークスが優位になるはずだ。

 スライドドア開口部の幅も、N-BOXの600mmに対して、新型ルークスはBピラーを前出しするなどして650mmまで拡大。これは、意外に狭かった先代デイズルークス比+95mm。新旧ルークス同士の比較で大きく進化した部分のひとつであり、子供を抱いた母親の乗り降りのしやすさは劇的に向上しているに違いない。また、子供を抱いていたり、両手がふさがっているときなどの後席乗降に便利な、足の操作でスライドドアをロック、アンロック、開閉できるハンズフリーオートスライドドアは、N-BOXが助手席側のみの用意に対して、新型ルークスは両側に設定。そこまで必要か? という議論はさておき、便利な装備面でリードしていることは間違いない。

 夏のドライブで優位なのが、後席頭上にあるシーリングファン。エアコンの冷気を車内にまんべんなく届けることができるサーキュレーター的機能で、このクラスではスペーシアが初採用しているが、N-BOXにはない。スーパーハイト系は室内空間がたっぷりあるため、あればより後席の快適性が高まるはず。ただし、シーリングファンが発する騒音については、未確認。新型タントで見送られたのは、その騒音を嫌がったからとの説明だ。

使い勝手や安全性も軽自動車とは思えない贅沢さ

 実用性や子育て世代の使い勝手にかかわる、N-BOXの十八番と言えるシートアレンジ性では新型ルークスも手抜きなし。なんと後席スライド量をN-BOXの左右分割140mmに対して、左右分割かつクラス最大の320mmとしているのだ。

 これは助手席の母親が、子供を座らせた後席を前方にグーッとスライドさせることで、ケアしやすいメリットがある。一方、N-BOXは、助手席スーパースライドシートを設定。なんと570mmのスライドが可能で、母親から子供に近づくというイメージだ。同時に新型ルークスの後席320mmスライドは、ラゲッジスペースの奥行を最大675mmまで拡大アレンジできることを意味する(後席スライド前端時/ N-BOXは最大540mm)。後席膝まわりスペースとラゲッジの奥行のフォーメーションの自在度では、当然新型ルークスが上と考えていい。

 ラゲッジの使い勝手をさらに突き詰めれば、新型ルークスは床下に大容量の収納を完備。フロアを極限まで低くしたN-BOXに床下収納はない。これは、ラゲッジフロアの低さを取るか、ラゲッジフロアを高めても床下収納の便利さを取るかで、評価は変わるかもしれない。

 デビューが新しい新型ルークスが、先進安全装備でリードしていることは当然だ。そもそも新型デイズに、あおり運転被害時や事故の際に有効なSOSコールを軽自動車として初搭載し、自動車業界を激震させた経緯がある。もちろん、新型ルークスにもハイウェイスター限定で標準装備するとともに、標準車のXでもオプション設定されている。緊急時の自動通報&オペレーターサービスは、高齢者だけでなく運転初心者、いや、一般ドライバーにも大きな安心をもたらしてくれること間違いなしである。一方、現時点でN-BOXにSOSコールの用意はない。

 合わせて、先進安全運転支援機能についても新型ルークスがリード。プロパイロットエディションに限られるが、ACC(アダプティブクルーズコントロール)機能の優劣は歴然。N-BOXは旧世代のもので、約30〜110km/hでしか作動せず、渋滞追従機能なし。対して、新型ルークスのプロパイロットエディションなら、電子パーキングブレーキの採用もあって、渋滞追従可能。ACCのありがたみをより強く感じられるのは、高速道路の渋滞時なのである。もちろん、プロパイロットそのものの機能も最新だ。

 また、新型ルークスには前方を走行する2台前の車両を検知し、急な減速などによって自車の回避操作が必要と判断した場合に、警報でドライバーに注意を促すインテリジェント FCW(前方衝突予測警報)を軽自動車として初搭載。これはこれまでスカイラインクラスに装備されていた先進安全運転支援機能で、まさに、軽自動車にとって贅沢すぎる機能と言える。無論、N-BOXに前方を走行する2台前の車両を検知する機能は、ない。

 そんなわけで、あくまで現時点での比較ではあるものの、N-BOXより3年近く後にデビューした新型ルークスが、N-BOXをリードしている点が少なくないのは当然のこと。ただし、使い方は人それぞれ。デザインの好みも人それぞれ。これからスーパーハイト系軽自動車を購入するなら、上記の比較内容はもちろんだが、シートのかけ心地や乗り心地、シートアレンジのしやすさ、動力性能、先進安全装備、そして価格などを総合的に比べ、自身、あるいは家族に最善の1台を選んでほしい。

 同クラスのミラクルオープンドアやミラクルウォークスルーパッケージを採用するタント、SUVテイストのギヤをラインアップするスペーシアという選択肢も、もちろんある。おっと、基本部分を共用するekスペースも忘れてはならない。2020年はスーパーハイト系軽自動車戦国時代の突入である。