バスマニアの特等席「オタシート」がロックダウン! 新型コロナ蔓延によるバス業界の悲鳴

バスの「オタシート」は争奪戦が起きるほど人気!

 バス、そのなかでも都市内路線バスをこよなく愛する“バスオタ(バス愛好家)”。彼らにとって路線バス車内でのベストシートといえば、乗降トビラがある側の一番前の席となる通称“オタシート”だ。

 かくいう筆者も“乗りバス系”のライトなバスオタであり、日々オタシートに座るようにしていた。フロントガラス越しに見える進行方向の風景や、運転士が運転しているようすをチラチラ見ながらバスに乗っている間はまさに至福の時間である。

 一方で運転士にとっては、座っている乗客がバスオタのひとではなくても、監視されているような気持ちとなるそうだ。さらに、最近は座っている間ずっと運転している姿を動画撮影しているひとがいるとも運転士から聞いたことがある。また、この席での車内事故も結構目立つとのことである。

 バスオタのみなさんは、始発のバス停から乗るときはまずオタシートゲットを狙うのがお約束だといわれている。筆者も始発バス停で発車待ちしているバスのオタシートにすでにひとが座っていたら、一本バスを遅らせてでもオタシートに座るのを流儀としている。

 ただ現行いすゞエルガ&日野ブルーリボンでは、原則オタシートの場所に燃料タンクがあり、オタシートが用意されておらず、現行エルガ&ブルーリボンのデビュー当初は、筆者はどこに座っていいかわからなくなり、当該路線バス車内でしばらく“難民化”していた。いまは、中とびらのとびら側すぐ後ろを“新オタシート”と決めて座っている。しかし最新型では、ドライバー異常時対応システム(EDSS)が採用された関係で、運転士の健康状態をお客が見られるようにするために、運転席背後が透明なクリアボードとなったので(一部事業者はクリアではないが)、事業者によっては運転士真後ろの席を、さらに“最新オタシート”として座って楽しんでいる。

 また旧型車や三菱ふそう、海外ブランドのバス(ボルグレン架装のスカニア)などではオタシートがほぼ用意されているのが、まだ救いとなっている。

 しかし、新型コロナウイルスの国内での感染状況が深刻化。すでに発出していた7都府県に加えて、日本全国に緊急事態宣言が発出された夜に、都内で路線バスに乗ろうとあるバス停でバスを待っていると、オタシートにひとが座っていない、乗車予定のバスがやってきたのでオタシートに座ろうとしたら、ロープが張られて座れないようになっていた。運転席真後ろの席も同様の措置がとられていた。

乗客との距離が近いバス運転士は常に不安に晒されている

 嫌な予感がしたので、事情通に聞いてみると「業界団体から運転士の感染予防の観点から、オタシートと運転席真後ろのシートを利用できないようにするようにという通達が事業者にあったようです」とのこと。ちなみに業界団体やいくつかの事業者のウェブサイトを閲覧したが、今回の一部シートの利用停止に関するアナウンスを確認することはできなかった。路線バスにおける新型コロナウイルスの感染予防策としては、開けられる窓はすべて開けて換気する措置などがとられているが、より踏み込んだ感染予防策がとられることとなったようだ。

「公共交通機関の稼働維持と、外出自粛、テレワークなどにより利用者は減っているものの、路線バスは極端な減便措置などはとらず、平日もしくは土曜ダイヤなどで運行を続けています。ハンドルを握る運転士の間での、新型コロナウイルスへ感染してしまうのではないかという不安はハンパなものではありません。鉄道の運転士よりもはるかに乗客との距離は近いですし、行き先などについての乗客からの問い合わせに答えるといったことも多いので、その気持ちは十分理解できます。今回の一部シートの利用停止はそのような運転士の不安解消策のひとつともいえるでしょう」(事情通)。

 ただ、いまどきの路線バスは、前とびらから中とびらの間にあるシートはたいてい優先席となっているので、オタシートなどの“ロックダウン(封鎖)”後は、中とびらから一番後ろにかけてのシートに座る乗客が多くなり、けっこう濃密な状況にもなりやすくなったと筆者は乗車していて感じた。

 事情通によると、利用客はかなり減少しているものの、さらなる感染予防を高めるために、運行間隔を狭めることを検討している路線もあるとのことだ。少しでも車内が混雑しそうになったら、運転士が「次のバスに乗って欲しい」と、言いやすい環境を整える意味があるようだ。

 今後は運転席を透明ビニールシートなどで完全隔離したり、運転士が防護服を着て運転するといったことも冗談抜きで検討されていくかもしれない。

 ライトなバスオタである筆者だが、ここは新型コロナウイルスの感染拡大が収束に向かうまでは、再びオタシートに座ることができる日がくるのを願いながら我慢するしかないと思っている。