eモータースポーツの大会「JeGT」がオートバックスセブンとの協働を発表! 15日には初のオンライン大会も

オートバックスセブンがeモータースポーツ大会の冠スポンサーに

 リアルな世界で活躍するプロレーシングチームや自動車関連企業・団体と、バーチャルの世界で活躍し世界大会や国体などに出場するトップゲーマーたちが同じ土俵で闘う、リアルとバーチャルが融合したハイレベルなeモータースポーツ大会「JeGT」。昨年9月の神戸プレ大会開催時から2020年内のシリーズ戦開催を公言していた。

 そのJeGTを運営するNGM株式会社が、大手カー用品店「オートバックス」「スーパーオートバックス」を展開する株式会社オートバックスセブンと企画や運営で協働することが発表したのだ。

 オートバックスセブンといえば、リアルなモータースポーツであるSUPER GTシリーズを長年にわたってタイトルスポンサーとして支援している企業。それだけにeスポーツの総合企画、運営企業であるNGMとの協働は、まさにJeGTが目指すところの「リアルとバーチャルが融合」にもつながる。今後は若年層を中心に広がりを見せるeスポーツファン層に向けてクルマの魅力を訴求すると同時に、モータースポーツファン層に対してはeスポーツの魅力を訴求していくとしている。

 その協働体制の第一歩として、5月15日(金)にJeGT初のオンライン大会「AUTOBACS JeGT GRAND PRIX ROUND EXTRA @ONLINE(JeGTオンライン大会)」が開催されることになった。

 これまで19年9月の神戸、20年1月の東京オートサロン、いずれのプレ大会でも使用されたPlayStation®4用のタイトル「グランツーリスモSPORT」で争う点は変わらないものの、コロナウィルス感染拡大防止のため今回は会場にプレイヤーが集合することなくそれぞれリモートで参戦する点が目新しい。プレイヤーはオンライン接続でレースを戦うだけでなく、オンラインミーティングアプリの「ZOOM」を介してプレイ中の動きや表情をリアルタイムに配信したり、個人戦での優勝者予想キャンペーンなどの新たな試みも実施される。

 大会はYoutubeでライブ配信される。16時15分から5〜10周のスプリントレースを1チーム2〜3名で合計3レース戦うチーム戦。さらに17時45分から最大8周のスプリントレースを2レース戦う個人戦の2つに分けて実施される。車両は実際のレースではFIA GT3カテゴリーに相当するGr.3が使用される予定だが、マシンセッティングができないレギュレーションで開催されるため、ドライバーの技量が勝敗を分けることとなるだろう。(写真は2019年に開催された神戸プレ大会の模様)

初のオンライン大会に強豪ドライバーが集結

 今大会への出場選手はJeGT認定ドライバーや招待選手、過去のJeGTプレ大会出場者に優先出場権が与えられているものの、個人・チームのいずれも一般募集も行われた。その結果選ばれた出場チーム、ドライバーの中でも注目は、バーチャル界のトップレーサー2名の存在。

 昨年のJeGT神戸プレ大会の優勝チームドライバーで、2020 FIAGTC ワールドツアー・シドニー ネイションズカップ優勝の実績を持つ宮園拓真選手(写真)、FIA グランツーリスモチャンピオンシップ2019 マニュファクチャラーシリーズ ワールドチャンピオンで、いばらき国体の一般の部覇者でもある山中智瑛選手の参戦が決定した。こちらの2名は個人戦でのエントリーとなるだけに、日本での大会ではあるものの世界屈指の戦いになることが予想される。

 またリアルレーサーも強豪が集結。注目はスーパーGTに参戦する現役レーシングチームのARTAだ。ドライバーにはGT500クラスに参戦する野尻智紀選手に加え、2019年のGT300クラスチャンピオン福住仁嶺選手、いばらき国体の予選で全国3位に入った実力をもち今シーズンからGT300の55号車に加入した大湯都史樹選手という強力なトリオを結成。参戦車両ももちろん実戦と同じくホンダNSXを使用する。

 ほかにもリアルレースであるスーパーGTからは、F1でのテストドライブ経験もある佐藤公哉選手(EVANGELION e-RACING)や、インディカーにフル参戦経験を持つ松浦孝亮選手(TEAM UPGARAGE)なども参戦するので注目してほしい。

 実況はD1グランプリや各種サーキットイベントでもおなじみの鈴木学さんが担当するだけに、過去のプレイベントと同様にJeGTならではの盛り上がりが期待できそうだ。

 eモータースポーツって何? と思っている方もこれをきっかけに初観戦してみてはいかがだろうか。
大会は5月15日(金)16:00からYoutubeライブで配信されるので、詳しくはJeGT公式ホームページをチェックしてみてほしい。

 https://www.jegt.jp/

 なお19年9月のプレ大会「ZERO ROUND@KOBE」に参戦した我がWEB CARTOPチームは、あまりのハイレベルな戦いの前に完膚なきまでの敗北を期したことを記しておこう。