【試乗】衝撃のエンジンにレーシングドライバーも唖然! 速すぎるメルセデスAMG A 45&CLA 45 は量産車の常識を覆した

2リッターターボエンジンは現行モデルで421馬力を発生!

 メルセデス・AMGといえばハイパフォーマンスブランドとして不動の地位を築いている。そのバリエーションは多彩でメルセデス・ベンツ車のラインアップに準じて、ほぼすべてのモデルにAMGバージョンが存在する。GTシリーズのようにAMG社が独自に開発した専用モデルも展開し積極的な販売戦略を取っているのだ。

 そんなメルセデス・AMGラインアップのなかでもっともコンパクトでエントリーに位置するのがA45、CLA45といったAクラス系をベースにしたモデルなのだが、これが今とんでもないことになっている。メルセデス・ベンツのコンパクトカーであるAクラスをベースに開発され、2015年のデビュー当初は2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載し最高出力360馬力を謳って世界震撼させた。2リッターで360馬力ということはリッター当たり出力が180馬力にも及ぶ。一昔前ならレーシングエンジンでも達成するのが難しいと言われた出力スペックだったからだ。

 同じ2リッターターボエンジンを搭載する国産のスポーツモデルといえば2000年代まで三菱のランサー・エボリューション(ランエボ)やスバル・インプレッサWRXなどが一世を風靡した。当時は280馬力という国産メーカーの自主規制に則った最高出力のスペックが示されていたが、それでもその走りは強力。僕はランエボでスーパー耐久を闘い通算50勝を記録したが、レース用に整備されたエンジンはそれでも320馬力前後だった。それが市販車として同じ2リッターターボから360馬力を絞りだすというのだから驚異的であるわけだ。しかし事はそれで収まらない。AMG社は45シリーズを年々改良し2018年には381馬力に、そしてフルモデルチェンジを行った新型にはなんと421馬力という驚愕のパワーを授けたのだ。

 この最新モデルを富士スピードウェイ(FSW)で走らせる機会に恵まれた。これほどのハイパフォーマンスを全開で走らせるには1.5kmに及ぶ最大直線距離を誇るFSW以外、ほかにない。最初は4ドアクーペスタイルのセダンボディを持つCLA45S 4MATIC+を試した。

 45シリーズの特徴はパワースペックだけではない。4輪駆動のAWDシステムを備えリヤアクスルには左右トルク配分可能な電子制御デファレンシャルを備える。さらに4輪ブレーキ個別電子制御によるトルクベクタリング機能も備わり、これらを統合制御して「ドリフト・モード」なるドライビング制御モードを備えさせている。4輪駆動でありながらドリフトを可能としているというのはランエボ時代に目指していた方向性と完全に一致し、「ゼロカウンター」として世界中に知れ渡った独自の走法に通じるものだ。

ストレートエンドでは261km/hに到達! そして衝撃の2分切り

 さらにスタートダッシュを決められる「ローンチコントロール」も装備し、その作動はより簡潔化され安定的にアクティベートできるようになった。

 サーキット走行のタイムアタックではドリフト・モードを使わずAMG車の誇るダイナミックセレクトで「レースモード」を選択して走る。そのほうが好タイムを記録できる。ドリフト・モードはジムカーナやドリフト走行を楽しむ為の特別な装備といえるからだ。

 CLA45でコースインするとバランスのいいハンドリングで軽快な回頭性と強力なトラクションがコーナーで発揮された。前後重量配分に優れ剛性の高いサスペンションと電子制御が上手く機能しアジリティ(軽快さ)にも優れる。コカ・コーラコーナーや続く100Rのようなハイスピードコーナーでは安定し4輪がバランスよくスライド。高速コーナーでの車両姿勢はほとんどゼロカウンター状態で維持された。

 8速ツインクラッチDCTのトランスミッションはDレンジに固定しマニュアル操作しない。ツインクラッチのトランスミッションで好タイムを記録するにはプリセレクト機能を作動させず油圧ポンプロスを最小にすることが重要だからだ。Dレンジホールドでも45シリーズのトランスミッションは理想的な変速プログラムが組まれていて不満ない。ブレーキの踏力コントロールに呼応して1速、あるいは2速とシフトダウンを呼び起こすことができ最適なギヤが自動的に選択されるのだ。

 もとよりハイパワースペックのエンジンゆえパワー不足は微塵も感じなく、かといって4輪駆動のトラクションボリュームは無駄なホイールの空転を引き起こさない。コーナー区間での速さは4輪駆動の運動性能にネガティブなイメージを持ち続けている人達に強力なインパクトを与えてくれるだろう。

 最終コーナーを立ち上がり、直線を加速していくと車速の伸びが尋常ではない。ストレートエンドで達した最高速度はメーター読みで261km/h! それはクラスの常識を大幅に超え、高価なスーパーカークラスがようやく達する超高速度域だ。その結果得られた周回ラップタイムは1分58秒9! 市販車のままノーマル標準装着のラジアルタイヤで、1周という限られた周回数にもかかわらず2分の壁をやすやすと打ち砕いたそのパフォーマンスには驚きを感じずにはいられなかった。

 ランエボやインプなら2分4〜5秒が精一杯のタイム。同じ2リッターターボ4WDのゴルフRでも2分4秒台だ。このCLA45をベースにスーパー耐久レース用マシンを仕立てたら、恐らくランエボで打ち立てた記録のすべてを塗り替えることができるだろう。そう感じずにはいられないほどの実力を見せつけられた。

 4ドアハッチバック(HB)ボディのA45S 4MATIC+もパワートレインはCLA45と同じだ。ただタイヤサイズがCLA 45は255/35R19であるのに対しA45は245/35R19とワンサイズ幅の狭いサイズを履く。その分高速コーナーでのグリップ限界は低く、ボディの空力特性の違いもあって直線スピードは伸びない。A45のラップタイムは1分59秒台と若干劣った。その分、ドリフト・モードの有効性やジムカーナでのタイムは有利に働く。

 ちなみにドリフト・モードは後輪2輪駆動になるのではなく、4輪駆動のままヨーレートの立ち上げを強める制御となり、とくにリヤの電子制御デファレンシャルの作動を強める事とブレーキベクタリングで達していた。

 大きな時代の転換期にある今、AMG社が送り出すハイパフォーマンスモデルの数々は内燃機関の集大成として最後の華を華麗に咲かせていると言えるのではないだろうか。