「車検200万円」「すぐ壊れる」はウソ!  庶民でも狙える「フェラーリ」の本当の維持費と驚きの下取り価格

程度のいい中古車で4年以内の売却なら大きな出費はあまりない

 車両価格の高いクルマは、購入できても維持できないのでは、と考える人が多い。かく言う私も、自分が買ったことのないブランド、たとえばポルシェやアストンマーティンなどに関しては、経験がないだけにそういう恐れを抱いている。

 だが、少なくともフェラーリ(13台購入)に関しては、そういう心配はあまりない。ランボルギーニ(1台購入)も、おそらく大丈夫だろう。ただし、条件がある。それは、

「年間走行距離が短いこと」
「所有期間が短いこと」

 この2点だ。

 年間走行距離は、2000km以下。できれば1000km以下が望ましい。「それで買った意味あるのか」と思うかもしれないが、フェラーリやランボルギーニは、ものすごく味の濃いご馳走なので、通常はそれくらいで十分満足できる。ふだんの足に使ってこそ漢! という特攻的な考え方もあるだろうが、その場合は維持費・下取り価格の下落の両面で、多大な出費を覚悟すべきだろう。スーパーカーは乗れば乗るほどすり減る。

 所有期間に関しては、コスパ的には4年前後が最適ではないか。中古フェラーリ専門店・コーナーストーンズ代表の榎本 修氏によると、「程度のいい中古フェラーリなら、車検2回までならオイル交換程度で済むケースが大部分ですが、3回目はさすがにリフレッシュのため、50万円くらいは覚悟してください」とのこと。年間1500km×4年で売却すれば、車検費用は1回20万円程度、下取り査定額も購入時から50万円×所有年数以内のマイナスで済む可能性が高い。相場上昇時なら、「買った値段で売れちゃった」というケースもある。

長く乗り続けるならそれなりの出費は覚悟が必要だ

 国産のコンパクトカーであっても、下取りは年間50万円くらい下がる。それを考えれば、フェラーリは恐ろしいほど安上がりだ。こう書いても、「本当に故障はないのか!?」と疑う方もいるだろう。もちろん機械だから、故障する可能性はある。私の場合、27年間で修理に10万円以上かかった故障が4回起きた。

348tb
左ドラミラー交換 11万円
(ドアミラーを畳んでいたら内部のスプリングが折れ、それだけでミラー全交換に)
エンジン片バンク停止のため水温センサー交換など 10万円
オイルポンプ駆動チェーンテンショナー崩落 93万円

328GTS
ウォーターポンプ交換(水漏れ) 25万円

 348tbは最初に買ったフェラーリで、初期型だったためメカとしての熟成が進んでおらず、適度に故障が起きたが、その後は22年間・計12台のフェラーリに乗って、故障らしい故障は1回しか起きていない。(写真はイメージ)

 もちろん、20年、30年と長期保有すれば、多少の故障は降りかかってくるだろうが、それはアタリマエの話。「フェラーリは維持費が高い」というのは、バブル期以前のボッタクリ整備のイメージがいまだに消えていないためで(車検で200万円程度は普通だった)、現在はそれを理由に購入をためらう必要はまったくない。クルマ好きなら、人生の思い出に、3〜4年限定のつもりで買ってみれば、もう思い残すことはなくなると保証する。