【試乗】日本の道から世界へ! ミシュランのスタッドレスタイヤ最新作「X-ICE SNOW」が発売

フランスのメーカーながらスタッドレスは日本で徹底開発

 昨年くらいから日本でもオールシーズンタイヤの人気が高まっているが、やはり冬の主役はスタッドレスタイヤだろう。ちなみに日本で初めて販売されたスタッドレスタイヤは、今から38年前の1982年に登場した「ミシュランXM-100」である。つまり、スタッドレスタイヤの技術開発という意味では、ミシュランはどのメーカーよりも歴史が長いということだ。

 ちなみに皆さんのミシュランのスタッドレスタイヤに対するイメージはどうだろう? 多く聞かれるのが「ドライ性能がいい」、「都心部で使うにはピッタリ」だが、これは半分正解で半分不正解だ。

 ミシュランのタイヤは、すべての性能を犠牲にしない「トータルパフォーマンス」の思想で開発されているが、それはスタッドレスタイヤでも同じである。つまり、もっとも重要な氷上性能だけでなく、すべての性能をバランス良く満足させているがゆえに、結果的にそのように感じてしまう……というわけだ。

 続いて「ミシュランはフランスのメーカーだから日本の雪には合わないのでは?」だが、これは不正解。ミシュランは日本に開発拠点を持つ数少ない海外メーカーのひとつで、スタッドレスタイヤの基礎研究と開発は日本主導で行い、北海道でテストを行っている。その理由を聞くと、「日本の雪道は世界的に見ても特殊で厳しいので、ここで開発を行うのがベストという判断です」と語っている。つまり、日本の「道」と「雪」に合うタイヤなのである。

 そんななか、ミシュランのスタッドレスタイヤの新作が発表された。従来モデルはX-ICE 3+だったので、筆者はX-ICE 4だろうと予想していたが、その名は「X-ICE SNOW(エックスアイス・スノー)」。恐らく、ミシュランのイメージを大きく変えようという決意表明なのだろう。

 進化のポイントは、日本では最重要項目となる「アイス性能」と「雪性能」の向上だが、じつはこのふたつの性能、相反する部分があるのだが、トータルパフォーマンスのためには両立させる必要がある。そこでトレッドパターン/コンパウンド共に全面刷新されている。

 コンパウンドは「EverWinterGripコンパウンド」を新採用。詳細は企業秘密ながら、「より大きく」、「不均一な形状」にすることにより、タイヤ表面に微小な凸凹を生成。これによりエッジ効果(雪を氷を引っ掻く)、アイスグリップ(水膜をやぶって接地する)、雪中せん断効果(溝が雪をつかみ踏み固める)が引き上げられている。また、剛性の高いポリマーベースの配合物の使用により、性能が長く続くのもポイントのひとつだろう。

 トレッドパターンは効率よく雪や水を排出可能な「新世代Vシェイプトレッドパターン」を採用。コンパウンドと並んでスタッドレスの要となるトレッド部に刻まれる細かい溝(サイプ)は、新たに「VTSサイプ」、「NewクロスZサイプ」を採用。どちらも倒れ込みを防止することで剛性確保や接地面向上、エッジ効果の向上などにも大きく寄与している。

刻々と変わる路面状況においてもしっかりと手応えが伝わる

 そんなX-ICE SNOWの実力はどうだったのか? 北海道の士別寒冷地技術試験場と一般道で試してきた。士別試験場では圧雪路やアイス路面を従来品(X-ICE 3+)との比較がメインだ。アイス路面では30km/hからのフルブレーキだが、結果は一目瞭然。もちろん、短く止まることはスタッドレスタイヤの進化における絶対使命だが、それよりビックリしたのは「反応の良さ」である。

 具体的にはアクセルを踏んだ瞬間、ブレーキを踏んだ瞬間にタイヤが「ギュッ」と路面を掴んでいることがペダルやステアリングを通じてドライバーにシッカリと伝わってくるのだ。つまり、「グリップしている……かもしれない」ではなく「グリップしている」と確信でき、そのタイヤを信頼できるのである。

 それは圧雪路を走っているときも同じ印象で、縦方向、横方向共に路面を掴んでいるのがわかる。定常円旋回では従来品に対して旋回スピードが確実に高いのはもちろん、限界がわかりやすいのと限界を超えてクルマがスライドしてもクルマの動きは穏やかかつ不安定な挙動になりにくいので、ドライバーはドキッとすることも少ない上に、挙動を修正する余裕すらある。

 その一方で、電子制御OFFで元気に走らせると「安定しすぎてつまらない」と感じてしまうところもあったが、逆を返せば絶対的なグリップとコントロール性の高さを証明している……と言ってもいいだろう。

 さらに驚いたのは一般道での試乗だ。試乗した2月は暖冬の影響で北海道でも雪が少なかった所に朝晩の急な冷え込みもあり、雪(乾いた圧雪からシャーベットまで)/アイス/ドライとさまざまな条件が時々刻々と変化をする嫌な路面だったが、むしろX-ICE SNOWの良さは際立った。

 そのなかでも印象的だったのはテストコースで感じた「反応の良さ」に加えて「懐の深さ」だ。具体的には路面変化を感じさせない各性能のバランスの良さと連続性なのだが「この路面は得意だけど、この路面は苦手」、「路面が変わるときにヒヤッとする」がないのだ。その結果、安心感が高い→ストレスが減る→ミスをしにくくなる→安全運転に繋がるというわけだ。

 もちろん、従来から定評のあるドライ性能は健在である。普通に走っていたらサマータイヤと勘違いするくらいのシッカリ感と応答性の高さ、快適性、静粛性が備わっていた。

 スタッドレスタイヤはアイス性能と雪上性能が重要なのは言うまでもないが、それだけよければOKではない。なぜなら、われわれはどのような路面環境を走るかを選ぶことはできないからだ。となると、スタッドレスタイヤに求められる性能は幅広くあるべきだし、不得意な所は少ないほうがいい。そういう意味では、X-ICE SNOWは日本人が求める性能を大きくレベルアップしながらも、リアルワールドで走る道を選ばない「総合性能」を備えたスタッドレスタイヤと言えるだろう。筆者はこのタイヤを「“冬”のトータルパフォーマンスタイヤ」と呼びたい。