仁義なき同門対決! トヨタの最新SUV「ハリアー」vs「RAV4」は街乗りか悪路かの単純な問題じゃなかった

同じミッドサイズのSUVだが使い勝手面や装備は大きく異なる

「日本で育ったクロスオーバーモデル」と開発陣自ら日本市場の重要性をアピールする、トヨタの人気クロスオーバーモデルがハリアー。その新型は、2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したRAV4と同じトヨタ最新のGA-Kプラットフォームを使う、ある意味、兄弟車。

 誰もが、ひと目でハリアーはクーペライクな乗用車的スタイリングから、あるいはこれまでのハリアーのキャラクターから、都市型クロスオーバーモデルだとわかるだろう。

 一方、RAV4は現行型の5代目になってクロスカントリー志向を強めた。アドベンチャーグレードが象徴するように、世界初のダイナミックトルクベクタリングコントロールを採用するなど、アウトドア、悪路走破性にこだわったオールラウンダーへと舵を切っているのが特徴であり、見た目の印象とも合致する。

 ならばSUVブームのなか、しかしほとんど都会でしか使わず、悪路を走る機会などめったにない、高級ホテルのエントランスに似合う高級感あるSUVが欲しい……というユーザーならハリアー、走りそのものやアウトドアを楽しむ機会が多く、またアウトドアへの行程で悪路に遭遇するケースもままある。あるいは、悪路を走破するのが快感!! というならRAV4を選べばいい、という単純な結論になりそうだ。だが、じつは同じプラットフォームを使うトヨタのミッドサイズのSUV同士でも、かなり重要な使い勝手面、装備で大きな違いがあることを見逃してはいけない。

 新型ハリアーは、最低地上高がHVで190mm、ガソリン車で195mm。都会派クロスオーバーモデルとはいえ、悪路にも強いSUVと言える。ちなみにRAV4の最低地上高はHVで190mm、ガソリン車でグレードにより195〜200mmだから、極端な違いはない。ただ、先にも触れたように、4WDシステムで優位なのは(より悪路に強いのは)、RAV4のダイナミックトルクベクタリングコントロールを備えたアドベンチャーグレードになる。それ以外のグレードになると、走破性に関しては、大きく変わらない。

 もちろん新型ハリアーには、ボイスコントロールで「空を見たい」と発声すると、自動で調光パノラマルーフが瞬時に透過モードになり、ダークガラスのようなパノラマルーフが障子越しのような透過ガラスルーフに変身。さらにデジタルルームミラーに、トヨタ初の前後ドライブレコーダー機能を持たせていて、それらはRAV4に望めない装備のひとつと言える(今後、RAV4にも装備される可能性はあるが)。

 トヨタセーフティセンスやSOSコールはRAV4、新型ハリアーのどちらにも標準装備されるから、実用装備の充実度、新しさでは新型ハリアーが優位と言える。

ハリアーとRAV4の決定的な違いは荷室にある!

 だが、問題(!?)はここから。アウトドア志向のRAV4と、都市型の新型ハリアーの決定的な違いは、パッケージ、それも荷室にある。新型ハリアーはボディを後ろから見ると一目瞭然で、美しく高級感あるクーペシルエットを追求したため、ボディのリヤセクションをギューっと絞り込んでいる。

 そのため、荷室容量は先代ハリアーの456リットルに対して409リットルへと減少。RAV4がデッキボード下位置で580リットル(すべてVDA方式)だから、新型ハリアーの荷室はリヤボディの絞り込みによって、かなり容量減となっているのである。具体的には、先代ハリアーとRAV4がゴルフバッグ4セットを積み込み可能なのに対して、新型ハリアーは3個までとなる。

 新型ハリアーでも余裕ある最低地上高によってアウトドアを楽しむことはできるが、後席使用でキャンプの大荷物などを積み込むとすれば、RAV4と新型ハリアーの荷室容量差171リットルは見逃せないチェックポイントとなりそうだ。

 実測での両車の荷室寸法を紹介すると、RAV4は荷室フロア開口部地上高695mm、開口幅1130mm、開口高805mm、荷室フロア長1020mm、幅1150〜1345mm、最低天井高805mm、床下収納あり、デッキボードの上下位置による容量可変が可能となる。

 一方、新型ハリアーは荷室フロア開口部地上高800mm、開口幅1055mm、開口高700mm、荷室フロア長975mm、幅1240mm、最低天井高700mm、床下収納あり、となる。つまり、RAV4に対して荷室フロアが高く、開口部が狭く、フロアの長さ、幅、高さともにリードされるわけだ。それでも決して狭すぎる荷室ではないものの、重い荷物の出し入れの容易性にかかわるフロアの高さが実用上の差になりそうだ(ハリアーは、異例にもリヤバンパーにウインカーを内蔵しているのが、荷室が高くなった一因か)。

 また、後席に家族や友達などのゲストを乗せる機会の多い人にとって気になる後席の居住空間にも違いがある。身長172cmの筆者のドライビングポジション基準で、その背後に着座すると、新型ハリアー(パノラマルーフなし)は頭上に150mm、膝周りに200mmというスペースだ。RAV4になると、頭上に180mm、膝周りに210mmと、わずかとはいえ余裕がある。ちなみに両車ともにフロア中央に凸があるため、後席3人掛けは推奨しない。

 走行性能面でも両車のキャラクター、旨味は異なる。RAV4であれば、オンロード・オフロードでの曲がりやすさやエンジン高回転での気持ち良さ、悪路にもめっぽう強い、全グレード中で唯一カッコいい2トーンカラーが選べる、ガソリン車のアドベンチャーグレード(4WD)がベストグレード、買いである。

 新型ハリアーは逆に、高級サルーンを思わせる車内の静かさや、滑らかでスムースな走行性能が売りのHVを選ぶべきだと思える。ただし、HVでもFF、19インチタイヤ装着車の試乗経験では、乗り心地は硬めでゴツゴツ感が付きまとう。かといって、18インチタイヤは乗り心地面では明らかに上なのだが、路面によってロードノイズがけっこう大きめ。ベストグレード選びに悩まされる新型でもあったりする。ちなみに、同パワートレイン、グレード比較では、意外にも新型ハリアーのほうが重い。それは、装備が豪華すぎるのと、吸音、遮音材に+10kgの重量を使っているからだという。(写真は19インチ)