“世界最大規模のガレージキットの祭典”として知られ、毎回、大勢のサブカルファンが駆けつける「ワンダーフェスティバル(略称:ワンフェス)」。2月9日には、その最新回に当たる「ワンダーフェスティバル2020[冬]」が幕張メッセで開催され、例年同様の盛り上がりを見せました。会場で撮影させてもらったコスプレイヤーの写真を掲載しつつ、イベントの盛況ぶりをリポート形式で紹介しましょう。

「ワンフェス」とは、プロ・アマを問わず、誰でも造形物を出展・販売することができる大型イベントで、1984年にプレイベントが初開催(1992年より海洋堂が主催を引き継ぐことに)。航空機、戦艦、鉄道車両などの模型をはじめ、特撮ヒーローやアニメのヒロインのフィギュア、さらには人気キャラクターの装飾品のレプリカまで、出展される商品は多岐にわたり、近年では大手企業も続々と参入。ここでしか買えない限定グッズの販売や、人気声優によるトークステージなども実施され、これらを目当てに参加していた来場者も大勢いました。

今回の「ワンフェス2020[冬]」も、開場早々、ホール内には大勢のサブカルファンが殺到。いずれのブースにも大規模な人だかりができ、大賑わいとなっていました。出展物を見てみると、「Fate/Grand Order」や「Re:ゼロから始める異世界生活」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」といった「ワンフェス」ではお馴染みのラインナップと並び、「鬼滅の刃」のキャラクターグッズもずらりと展示。さらに、等身大で再現された「Re:ゼロ」のレムの立像や、ボーカロイドの初音ミクがデザインされた痛車などもあり、立ち止まってそれらの写真を撮る参加者の姿も各所で見られました。

また「ワンフェス」といえば、そうした展示物と並び、各ブースを彩るコスプレイヤーたちも見どころのひとつ。複数のホビー関連企業が合同で展開している「ほびコス」をはじめ、多数のブースに魅力的なレイヤーが駆けつけ、ノベルティの配布やフォトセッションを実施していました。

ちなみに、屋外に設けられたコスプレエリア“いこいのモール”と“やすらぎのモール”を覗いてみると、こちらにも大勢のコスプレイヤー&カメラマンが集結していて大盛り上がりに。「ワンフェス」の理念に則ってか、細部の造形にまでこだわった衣装で参加していたレイヤーも多く、終了時間ギリギリまで、各所に撮影のための長蛇の列や巨大な囲みが出来ていたのが印象的でした。

大盛況のうちに終了した「ワンフェス2020[冬]」に続き、「第16回 日本橋ストリートフェスタ2020」(3月15日、大阪・日本橋周辺にて開催)、「AnimeJapan 2020」(3月21日〜24日、東京ビッグサイトにて開催)、「ニコニコ超会議2020」(4月18日・19日、幕張メッセにて開催)など、コスプレが楽しめる大型イベントは、今後も続々と全国で開催されます。

はたしてこれらのイベントでは、どのようなコスプレに人気が集中するのか?放送中の2020年冬アニメや、これからリリースされる最新ゲームをチェックしつつ、予想するのもおもしろいかも!(WebNewtype・取材・文=ソムタム田井)