ガレージキットの祭典「ワンダーフェスティバル2020[冬]」が2月9日(日)、千葉・幕張メッセで開催されました。今回はコトブキヤブースの模様を紹介します。

最注目はブース裏手に設置された「メガミデバイス」などの美少女フィギュア群で、多くのファンがひっきりなしに行列をなすという盛況ぶり。特に人気だったのが「メガミデバイス」シリーズの汎用素体“マシニーカ”フォーマットとなって再登場する「武装神姫」。アーケードゲームやスマートフォン用ゲームの展開が発表されたばかりとあって、展示されたアーンヴァルやストラーフの武装が多くの注目を集めていました。

また新たなプラモデルシリーズの姿も。「アルカナディア」はファンタジーシリーズ。この日が初お披露目となり、夏には詳細が公開される予定です。“普通の女の子”を扱う「創彩少女庭園」シリーズは原型を展示。キャラクターだけでなく、カフェや机といった「アフタースクール(仮)」という別売りパーツを使用した例もディスプレーされ、遊び方の幅広さを感じさせます。

アニメ関連も「インフィニット・デンドログラム」「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」などの最新作から「勇者エクスカイザー」「シャーマンキング」といった懐かしの作品まで充実。お目当てのフィギュアをカメラに収めようと、多くのアニメファンが集まっていました。(WebNewtype・【取材・文・撮影:はるのおと】)