ガレージキットの祭典「ワンダーフェスティバル2020[冬]」が2月9日(日)、千葉・幕張メッセで開催されました。今回は一般ディーラーによる「Fate/Grand Order」(以下「FGO」)フィギュアを紹介します。

近年の傾向通り、一番人気だった「FGO」。今回特に多かったのはカーマと水着姿の刑部姫。どちらも2019年のイベントで登場したキャラクターですが、やはり露出度の高さが大きく受け入れられた秘訣でしょうか?

もちろんマシュや宮本武蔵、沖田総司といった定番キャラクターのフィギュアも多数。中でも目立っていたのはアビゲイル・ウィリアムズ。2017年実装のキャラクターですが、その人気は不動のものとなっているようです。

次回のワンフェスは、少し期間が開いて11月1日(日)の開催。その頃「FGO」はサービス開始5周年を経て6年目に突入していますが、新キャラクターは増え続け、劇場版アニメも控えているという状況。まだまだその人気は続きそうです。(WebNewtype・【取材・文・撮影:はるのおと】)