テレビアニメ「地縛少年花子くん」第12話の先行カットとあらすじが到着しました。

<第12の怪「人魚姫」あらすじ>新たな七不思議となったミツバと再会する光。しかし、ミツバは光を知らないという。複雑な感情に整理をつけられない光。寧々は光の心配をするが、そんな寧々に花子くんはヤキモチを妬いてついつい寧々をからかってしまう。コロコロと意外な顔を見せる花子くんに、その心情を図りかねている寧々。「いっそ私も怪異だったら良かったのかも……」そう呟く寧々の前に現れたのは、人魚の家臣たちだった。

第12の怪「人魚姫」は、3月26日(木)25時58分からのTBSを皮切りに、SUN、CBC、BS-TBSで放送。3月27日(金)6時からAbemaTV・dアニメストア・U-NEXTでの配信をはじめ、各配信サイトで順次配信されます。

原作はあいだいろさんによる同名のコミックで、月刊「Gファンタジー」で連載中。トイレの花子さんならぬ、男の子のおばけ"花子くん"と、彼を呼んでしまった少女・八尋寧々による"ハートフル便所コメディ"が描かれています。(WebNewtype)