宝塚歌劇団を退団後、アーティスト、俳優、声優として幅広く活動している七海ひろきさんが、今夏に開催される舞台「刀剣乱舞」2020年夏公演の細川ガラシャ役に決定! 舞台「刀剣乱舞」で女性演者が抜擢されるのはこれが初で、七海さんとしても退団以降、初の女性役を演じるとのことです。

舞台「刀剣乱舞」2020年公演は、当初6月12日(金)からの公演、本日5月6日(木)からのチケット販売を予定していましたが、新型コロナウイルス感染拡大にともなう政府の緊急事態宣言延長を受けて、チケット販売スケジュールがいったん延期となりました。詳細は決定し次第、あらためて告知されます。

【舞台「刀剣乱舞」細川ガラシャ役・七海ひろきさんのコメント】

舞台「刀剣乱舞」というビッグプロジェクトに参加できますこと、そして、戦国の世で毅然と最後まで信念を持った細川ガラシャという素敵なお役を演じられますこと、大きなプレッシャーを感じつつも、大変光栄に思います。宝塚歌劇団を退団して舞台で女性を演じるのは初めてのことですので、私にとって新たな挑戦です。このような状況の中での発表となりますが、舞台に立つからには自分にできる最大限を発揮できるように精進いたします。(WebNewtype)