聴覚や視覚への刺激によって感じる心地よさや、思わずゾワっとしてしまう反応や感覚を意味する言葉「Autonomous Sensory Meridian Response(ASMR)」。

その感覚はリラックス効果や安眠効果を生み、ときにはストレス解消にもつながるとして、近年はバイノーラルマイクで録音した咀嚼音、耳かきの音などのASMR音声がYouTubeで公開されており、話題と人気を呼んでいます。

そんなASMR音声と、音声のみの作品/朗読劇を組み合わせたASMR音声作品「ねこぐらし」シリーズが6月15日よりDLsiteで販売開始となっており、急速に支持を拡大しています。

ASMR音声作品「ねこぐらし」は、あの世と現世の狭間にある不思議な旅館・猫鳴館(ねこめいかん)を舞台とした物語です。そこでは多くの猫娘たちが人の身となって現世に生き返るため、"選ばれし人(リスナー)"を相手にした恋愛ゲームのような儀式を行っており、その一部始終が臨場感のある音声で楽しめます。

「ねこぐらし」は6月26日現在、7週間にわたる7作品連続リリースの最中で、上坂すみれさんが演じるミケ猫少女と過ごす甘い時間を楽しめる「ミケ猫少女と鈴のオト」、竹達彩奈さんが演じるシロ猫少女のおもてなしを満喫できる「シロ猫少女の無邪気なしっぽ」が販売されており、残る5作品も順次リリースされる予定です。(WebNewtype)