7月3日(金)から放送再開するテレビアニメ「文豪とアルケミスト 〜審判ノ歯車〜」より、第8話の先行カットとあらすじが到着しました。

<第8話「人間失格 前編」あらすじ>その男は仲間たちに問いかける。「自分を想う者」の内面について。仲間は語る。嫌なやつではないが、たいそうダメなヤツで、人の気持ちがわからないところもあるが誰よりも優しかった、と。生きる才能は足りていなかったが、それでも諦めず、道化でありながらも、人間であろうとした、と。男は迷っていたが、「自分を想う者」の作品に触れてみる決心をつける……。

第8話「人間失格 前編」は、7月3日(金)25時23分からテレビ東京で放送されるほか、テレビ大阪、テレビ愛知、AT-Xで放送。dアニメストアなどで毎週土曜23時から配信されます。

物語の舞台は、文学への負の感情から生まれた“侵蝕者”たちが渦巻く世界。“アルケミスト”の力で転生した文豪たちが、この世界の文学を守るため、本に潜る侵蝕者たちに立ち向かいます。(WebNewtype)