自動運転に関連した海外メディアの報道 2017/08/04

自動運転に関連した海外メディアの報道 2017/08/04

自動運転の導入で交通違反の罰金収入は激減?[Quartz]

スピード違反や一時停止の無視、駐車違反など、交通違反の罰金は米国都市の1つの収入源になっており、インフラ整備や訴訟費用などにも使われている。たとえば、ニューヨークでは、2016年だけで5億6900万ドルの罰金収入があったという。自動運転が導入されれば、こういった都市の収入は減少し、各都市はこれを賄う何らかの収入源が必要になるかもしれない。

原文:Cities will lose money thanks to obedient self-driving vehicles
https://qz.com/1043373/cities-will-lose-money-thanks-to-obedient-self-driving-vehicles/(https://qz.com/1043373/cities-will-lose-money-thanks-to-obedient-self-driving-vehicles/)

(選者コメント)当然の帰結だが、こうなると残された一般の自動車に対する取り締まりがますます厳しくなりそう。

自動車の技術革新や自動運転分野の牽引を目指すオランダ[Automotive News]

自動運転技術など自動車業界のイノベーションを牽引する国家となることを目指しているオランダ。同国では、2025年からあらゆるガソリン車およびディーゼル車の販売を禁止する予定で、自動運転についても30以上の試験プロジェクトが開始されている。

原文:Netherlands pursuing a central auto role
http://www.autonews.com/article/20170730/OEM01/170729977/netherlands-pursuing-a-central-auto-role(http://www.autonews.com/article/20170730/OEM01/170729977/netherlands-pursuing-a-central-auto-role)

(選者コメント)シンガポールもそうだが、国土が狭い国はインフラ整備なども容易だし、早いうちから自動運転技術のメリットを受けられそうだ。

ティム・クック、アップルによる自動運転AIシステムの自動車以外への活用の可能性を示唆(The Verge)

アップルのティム・クックCEOが、自社で開発している自動運転システムに言及。同社がこのAIシステムを自動運転車のみならず様々な分野に活用する可能性を示唆した。ドローンや物流関連ロボット、iPhoneの分解用マシンまで、幅広い活用の可能性が予想されている。

Tim Cook suggests Apple is building autonomous systems for more than cars
https://www.theverge.com/2017/8/1/16079902/apple-autonomous-systems-going-beyond-cars(https://www.theverge.com/2017/8/1/16079902/apple-autonomous-systems-going-beyond-cars)

(選者コメント)自動運転システム/AI関連の巨大なプロジェクトを進めているというアップルだが、相変わらず具体的な話はほとんど出てこない印象。

自動運転車の普及を遅らせる低品質なLidar[MIT Technology Review]

自動運転車にとって非常に重要な部品であるLidarだが、現時点では、低価格帯のLidarに関しては自動運転車に必要な水準に達していないという。自動運転車普及のためには、こういった低価格帯のLidarが一定の水準に達する必要があり、大手自動車メーカーらはこれを待つことになるかもしれない。

Low-Quality Lidar Will Keep Self-Driving Cars in the Slow Lane
https://www.technologyreview.com/s/608348/low-quality-lidar-will-keep-self-driving-cars-in-the-slow-lane/(https://www.technologyreview.com/s/608348/low-quality-lidar-will-keep-self-driving-cars-in-the-slow-lane/)

(選者コメント)大手自動車メーカーがリーズナブルなLidarの開発を待つことになれば、安価で高性能なLidarを自社開発するWaymoなどがリードを広げそうだ。

自動運転の領域を超えるアップルの自動車プロジェクト[Value Walk]

「Project Titan」で自動運転システムを開発しているとされるアップルだが、同社が中国のバッテリーサプライヤーのContemporary Amperex Technology Ltd. (CATL) とEV向けのバッテリー開発で協力しているという情報筋の話を中国のYicai Globalが報じている。このため、アップルはティム・クックCEOが言及した自動運転システムでだけでなく、アップルブランドのEV、またはこれを使った新たな交通プラットフォームの提供を目指しているという見方も出ている。

Apple Car Project Extends Beyond Autonomous Driving [REPORT]
http://www.valuewalk.com/2017/07/apple-car-project-autonomous-driving/(http://www.valuewalk.com/2017/07/apple-car-project-autonomous-driving/)

(選者コメント)情報が小出しに出てくるアップルだが、自動運転システムがどの程度進んでいるかについてはほとんどわかっていない。Waymoやテスラ、ウーバーなどに対抗できるのだろうか。

関連記事

WirelessWire Newsの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索