お客さんがいる方に向かって前脚を必死に動かすマヌルネコがカワイイ――。そんな動画がツイッター上で注目を集めています。撮影した那須どうぶつ王国(栃木県那須町)の総支配人に話を聞きました。

ツイッターで話題に

 今月9日、那須どうぶつ王国のツイッターアカウントが投稿した10秒の動画。

 映っているのはマヌルネコのボル(オス、5歳)で、ガラス越しに必死に前脚を動かしています。

 すごい速さで動く前脚を見ようと来園者たちが集まってきて、にぎわっている様子が収められています。

 この動画に対して、「これが本当の招き猫ですね」「招かれ過ぎてその場から離れられなくなる」といったコメントが寄せられ、いいねは5千を超えています。

撮影者に聞きました

 「時間にして30秒ぐらいでした。おもむろに始めて、ワーッと人が集まってきました」

 そう話すのは、撮影した総支配人の鈴木和也さんです。

 これまでにも、マヌルネコのポリー(メス、4歳)がガラス越しに飼育員と見つめ合う様子など、ツイッターで話題になる写真を撮影してきました。

 「好きなのでよく見に行くんですが、狙うと撮れない。今回も思いがけずシャッターチャンスが来て、持っていたスマホで撮影しました」

あの動きの理由は

 旧展示場では時々見られたしぐさですが、4月に新しい展示場に移ってからは初めてだといいます。

 あの動きにはどんな理由があるのか? 鈴木さんはこう推測します。

 「おそらく『エサちょうだい』のアピールだと思います。近くのレッサーパンダにエサをあげるのが見えたんじゃないかと」

 その場に居合わせた常連客も「初めて見た」と言っていたこのしぐさ。動画が話題になったことについて、担当飼育員の千葉友里さんはこう話します。

 「今までポリーが話題になることが多かったので、ボルにも注目してもらえてうれしいです。それぞれ興味深い行動を見せてくれるので、ぜひ会いに来てください」