軽いノリで「化石の発掘」にやってきてしまった青年。恐竜や古代生物でもなく、意外なものを発掘してしまいます。漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が描くのは、どこか奇妙だけどなぜかツボに入る4コマ漫画。想像の斜め上からくる小山さんの発想力で、月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかくしてみませんか。

4コマ漫画「新しい歴史」

 「化石の発掘って大変なんですね……」

 そう汗をぬぐうのは、胸に「ホネ」とかかれたTシャツの青年。「もっとなんか…フェスみたいなノリできちゃいました…」と、ため息をもらします。

 一方、先輩と思われる男性は「まあ、フェスもレントゲンで撮ったらホネだらけだからね」。話がかみ合っているようで、全くのねじれの位置にいる2人。

 そんな中、「ホネT」の青年が何か見つけます。先輩は「どうした!フェス君!うわっ!鼻が長いな…マンモスじゃないか?」と驚きますが、マンモスじゃないのは一目瞭然。マンモスや恐竜の時代にはまずありえない、あのお面だったのです……。

「化石を見ると爆笑する」その理由は?

 「武器がひとつしかない男」や「限定しりとり」などの漫画で、たびたびツイッターでも話題になっている小山さん。今回は化石の4コマ漫画でしたが、化石について聞いてみると、こんな答えが返ってきました。

   ◇

 化石って面白いですよね。見るだけで爆笑しちゃいます。

 例えば骨の化石から、その生き物の当時の姿を想像して、当時を確かめる術はないのに「恐竜はこう!」「アンモナイトはこう!」みたいに決めていくわけです。

 現実を新たに生み出してる感じがして、なんだかワクワクします。

 ぼく最近AirPods買ったんですよ。いま地球に隕石が落ちて、数千年後にぼくの化石がでたらAirPodsをなんだと思うんでしょうね。

 「当時の人間は耳から骨が飛び出していた」「これを飛ばして攻撃していた」「この骨が大きい物が群れのボスだった」などと論議されちゃうと思うと、なんだか恥ずかしいです。

<こやま・こーたろー>
 漫画家。「違和感」を作風とし、漫画家のSNS「コミチ」やTwitterで毎日4コマ漫画を発信中。前後関係を無視したセリフや、突拍子もない理不尽な展開が得意。Twitterアカウントは@MG_kotaro。


   ◇

【連載「#小山コータローの4コマ劇場」】
 漫画家・小山コータローさんの連載「#小山コータローの4コマ劇場」は原則週1回(月曜日)、withnewsで配信していきます。