■前回のあらすじ
劣等感と羨ましさから、何も悪くない那月を傷つけてしまったと反省する梨沙。2人の今後の関係は…?
<那月Side Story>
梨沙ちゃんと以前のような関係に戻れないままでしたが、里帰りを終えて自宅に戻る日が近づいてきました。

母から聞いた、梨沙ちゃんの旦那さんのこと、ご両親のこと。本当の意味では力になれなかったのだということを悔やみました。

このまま会えなくなるのは嫌だ…。そう思った私は、梨沙ちゃんにメッセージを送ってみました。






そして私たちはわだかまりなく仲直り。
ほどなくして私は里帰りを終え梨沙ちゃんのいる地元を離れましたが、いまでも良好な関係は続いています。


同じママでも、人によって境遇はさまざま。産後のサポートがない状態で孤独なママがどれだけ大変か、考えるだけでも胸が痛みます。

私にとって、梨沙ちゃんが中学時代によくしてくれたこと、そして大人になってから産前産後に連絡を取り合ってくれたことは、心の大きな支えでした。

困ったときはお互い様。住んでいる家の距離は離れましたが、私たちは以前のように悩みを打ち明けながら、助け合いながら、産後の育児に奮闘しています。

※この漫画は実話を元に編集しています

(高尾)