洗面所が狭くて、濡れたバスタオルが干せない……置く場所がなくて困る……。長年悩んでいた悩みを解決してくれた"見た目がシンプル"でおしゃれな「バスタオルハンガー」とは? 今回はそんな優秀アイテムについてご紹介します。

こんにちは。ライフオーガナイザー®・クローゼットオーガナイザー®の原田ひろみです。

お風呂上がりに使った濡れたバスタオル、みなさんはどのようにしていますか?

洗面所は狭くて干す場所がない……と長年悩んでいたことが解決できたのは、奥行15cmのスリムなバスタオルハンガーのおかげでした。実際に使ってみて良かった点、気になった点についてご紹介します。

もしバスタオルの置き場所に悩んでいる方がいらっしゃったら、ぜひ参考にしてみてください!

【洗面所のお悩み】濡れたバスタオルを干す場所がない!

わが家の洗面所は2畳ほどの広さです。洗面所は、浴室、キッチン、玄関と3方面が通路になっているため使える壁面が少なく、床にモノを置いたりすることもあまりできません。

特にお風呂上がりに使ったバスタオルを濡れたまま置いておくのは、臭いが気になるため、洗濯するまで干しておきたいのですが、干す場所がなくて今まで悩んでいました。

濡れた状態で洗濯機に入れるのも嫌だし、かといって洗濯かごに濡れていない洗濯ものと一緒に置きたくない……。

しかしフックを取り付ける壁面もなく、見た目的な意味でも、狭い洗面所に使ったバスタオルを一面に干すのはできればしたくない……。

そこで一旦は、浴室の物干しに家族分のバスタオルをかけることにしました。けれども、全員のお風呂タイムが終わるまでは干せないため、これも長くは続かず……。いつのまにか洗濯機の扉に掛けっぱなしにしておくことが習慣になっていたのです。

バスタオルは、3枚重ねて朝まで掛けているので、洗濯するときは下に重なっていたタオルがまだ濡れている状態のときもあり、臭いも気になっていました。

スマートな「バスタオルハンガー」が置き場所問題を解決!

狭い洗面所でも、省スペースでバスタオルが干せる奥行15cmの「バスタオルハンガー タワー ホワイト」。このアイテムを置くことで、濡れたバスタオルを干す場所問題が解決したんです。

幅65×奥行15×高さ75cmとスリムなサイズ感のため、バスマットと壁面のわずかな隙間にもぴったり収まり、浴室から出るときも邪魔になることはありません。

バスタオルが4枚分干せて、デザインはシンプル。色もホワイトのため、洗面所に置いても見た目はスッキリしています。

バスタオルハンガーは、スチール素材のため安定していて倒れることもなく、昼間は珪藻土マットを立てかけて乾かしています。

さまざまな場面で使える! 花粉、梅雨時期の洗濯干しにも大活躍

使ったバスタオルを干すだけでなく、もちろん洗濯したものを干すときにも使っています。特に花粉が気になる時期や、雨の多い梅雨の季節など、外に干せない時期はとても役立ちます。バスタオル以外にも、ボトムやセーターの部屋干しなどさまざまな場面で大活躍!

タオルハンガーの重さは2.4kgと軽いので移動もラクちんです。冬は乾きやすいエアコンの下に持ってきて乾かしています。

ひとつ気になることといえば、掛けるときにハンガー同士の間隔が狭いため、パッとすぐに掛けられない点はありますが、特に問題なく使えています。

今回ご紹介したのはホワイトですが、他のラインナップとしてブラックもあります。黒は少し落ち着いた、大人な雰囲気に。浴室のインテリアや好みに合わせて選べるのがうれしいですね。

まとめ

毎日悩んでいた「濡れたバスタオル問題」が解決し、バスタオルを干していても気にならないので、見た目も含めて本当にスッキリしました。デザインがシンプルで清潔感を感じるところも選んだ理由のひとつです。狭い洗面所に置いたり、部屋干し時にも大いに役立つ万能なタオルハンガーが見つかって大満足です。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね♪

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。