洗面室という狭い空間。置くべきものがたくさんあって、片づけても片づけても、なかなかスッキリしない場所ではないでしょうか? それに衛生管理も意識したい場所でもありますね。今回は、そんな洗面室を快適にする商品を2つ紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

こんにちは!

整理収納アドバイザー&クリンネスト 小野田亜由美です。

狭い洗面室を快適で使いやすい空間にしたいと思い、主に100均商品を使って、何度も見直しをしている我が家。特に洗面台収納と洗濯機周りは、"浮かせる"を意識した収納にしています。

私の思う「使いやすい」は、"ワンアクションで完結"する収納です。

つまり、見た目より効率を優先させたいタイプ(笑)。

ですが、正直なところ、やっぱり見た目も気になるところ……。ゴチャゴチャとしているのは嫌ですよね。できるだけスッキリ見せたい!

今回は、そんなワガママな条件をクリアした2商品についてお伝えします。

洗面所収納に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

マグネットタオルハンガーで洗濯小物をまとめて収納!

こちらは壁に、マグネットを活用して設置できるタイプのハンガー。その名の通り、主に浴室でタオルをかけるために使われることが多いのですが、我が家は洗面所にある洗濯機にくっつけて使っています。

我が家では約半年くらい前から、洗濯洗剤をランドリーマグちゃんに変えました。マグちゃんは、洗濯後に乾燥させなければいけません。今まで無印良品のマグネットフックに引っ掛けていましたが、耐荷重が合っていなかったのか、マグネットがずり落ちたり、少し体が当たっただけで、マグネットの位置がずれるなど、なんだかモヤモヤする状態に……。

そこで今回、こちらの商品に変えると、一直線に洗濯小物をまとめることができたのでかなりスッキリ!

また、洗濯機の右側の側面にも、こちらの商品を使って、手洗い用タオルと洗面台拭き上げ用クロスをかけています。付属のフックは、2個ついており、フックは取り付け自在です。マグネットハンガーの好きなところにフックを付けられるのも、使ってみて実感したお気に入りポイント!

2つ使いでこのようにつけています。↓

「取る・置く・戻す」というアクション数を減らす!

化粧品の中でも、化粧水と乳液……この2つは朝晩必ず使いますよね。

我が家では洗面台の収納棚に置いて使っていましたが、正直ボトルを取って戻すのも面倒だと感じていました。「いっそのこと、吊り下げておけば楽じゃない!?」と思い、このソープホルダーを使ってみたら、すごく快適に!

「SOAP」と書いてある通り、本来の目的はボディソープやハンドソープを引っ掛けるアイテムですが、他の商品の収納でも耐荷重やサイズがあえば問題なし! けれど、文字に違和感がある場合、できれば文字なしバージョンのホルダーもラインナップに欲しいところですね(笑)。

またこちらの商品は、繰り返し貼って剥がせるマジックシートフックタイプ。はがし跡が残らないので、転勤族の方や、お住いが賃貸の方にもおすすめです。

ボトルのサイズとホルダーの穴のサイズが合わない場合は、付属の補助リング(2枚)を使って、調節も可能ですよ。私も、それぞれ1枚ずつ足して使いました。

↑浮いているので、蛇口周りの拭き上げの邪魔になりません。

↑化粧水や乳液がサッと手に出せて嬉しい♪

そしてもう一つの便利な使い方!

我が家ではこのソープホルダーをさらにもうひとつ洗面台の鏡に貼って、ブラシホルダーにしました。

主に私が使うので、私が取りやすい位置に設置。横に寝かせて収納棚に収めていた時よりも、取りやすく見た目もスッキリしました。目立つ場所なので、ブラシの色味はクリアタイプに変えるとさらにスッキリしましたよ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

毎日使うものだからこそ、使いやすい気に入った物を選びたいですよね。

洗面室の収納もグッズ選びと使い方一つで快適にもなり、気分が上がりますよ♪

ぜひお試しくださいね。

皆様の参考になれば幸いです。