葉物野菜の定番、ほうれん草は離乳初期から取り入れられる食材です。今回は離乳食でも下処理のコツ(レンジ加熱OK? 塩茹でする?)などを解説します。初期・中期・後期、それぞれの時期の赤ちゃん喜ぶ離乳食レシピもお試しください。

ほうれん草、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

・初期の調理: 葉先をやわらかく茹でてペーストにする

・中期の調理:葉先をやわらかく茹でて粗くつぶす

・後期の調理:全体をやわらかく茹でて粗めのみじん切りにする

・完了期の調理:全体をやわらかく茹でて1cm幅に切る

 ■ワンポイントアドバイス■ 葉先はやわらかく、ペーストにしやすいので初期から使えます。

ほうれん草はどんな野菜? 旬と栄養素

ほうれん草の旬の時期は「冬」

ほうれん草は季節を問わず店頭で見かける野菜ですが、11月から1月ごろの冬が旬となります。

ほうれん草は「鉄分」が豊富

ほうれん草が栄養面でとくに優秀なのが「鉄分」で、鉄分の吸収率を高める「ビタミンC」も多く含まれています。鉄分は離乳期の赤ちゃんにも重要な栄養素なので、嬉しいですね。そのほかにもカロテン、ビタミンB1・B2なども豊富です。

離乳食のほうれん草、下処理・下ごしらえの方法

洗い方のコツ

溜め水の中で振り洗いする事で汚れが落ちやすいです。根元は土がたまりやすいのでよくあらいましょう。

加熱のコツ

沸騰した湯に茎から入れて1〜2分茹でます。茹でたあとは冷水にとって冷やします。

 ■ワンポイントアドバイス■ 大きめのお鍋や深型のフライパンを使いたっぷりの湯で茹でましょう。すぐに冷やすことで色をきれいに保てます。

ほうれん草の離乳食、よくある疑問

塩や重曹を入れて茹でてもいいの?

ほうれん草のアク抜きや色をきれいに出すために、茹で水に食塩を添加する場合が多いと思います。しかしながら、一般的に添加される「ひとつまみ」の量ではその効果がないとも言われています。

離乳食作りにおいて食塩はできるだけ減らしたいものです。食塩を入れなくても、加熱後すぐに冷水で冷やす事で色をきれいに保つことができます。また、重曹の添加は色をきれいに保ち、葉の組織を軟化させますので、離乳食には添加するメリットがあると言えます。

冷凍のほうれん草を使用してもいい?

冷凍ほうれん草を使用する際には、農薬や栄養素の含有量が気になりますよね。

国産・外国産問わず、冷凍野菜類には厳しい残留農薬基準が設けられており、取り扱うメーカーも生産農場まで足を運び、栽培や加工を厳重に管理しています。冷凍保存による栄養価の変化はほぼ無いと言われています。冷凍することで繊維が潰れるため、生鮮のほうれん草を茹でるよりやわらかく仕上げやすく、離乳食への利用はおすすめです。

電子レンジで加熱してもいい?

やわらかく仕上がれば問題ありません。水で洗ったほうれん草をラップに包み、600W1〜2分加熱します。その後すぐに冷水に浸して5分ほど置くことで、アク抜き効果が期待でき、色もきれいに保てます。

ほうれん草の離乳食レシピ! 初期・中期・後期

<離乳初期のレシピ>ほうれん草のミルクポタージュ

材料(作りやすい分量)

・ほうれん草 25g(2株分の葉先)

・玉ねぎ  50g(1/4個)

・じゃがいも 50g(1/2個)

・水 100cc

・育児用ミルク 80cc(70℃以上のお湯で調乳)

作り方

① 水、薄切りにした玉ねぎ、じゃがいもを小鍋に入れ、やわらかくなるまで強火で煮る

② 別鍋で1分ほど茹でたほうれん草の葉を流水にさらし、①に加える

  ※この際に水が足りなければ、ほうれん草が浸るくらい(50㏄程度まで)水を加える

③ 水分も合わせて裏ごしする

  ※フードプロセッサーなども可

④ 潰したものとミルクで薄めるようにして完成

 ■ワンポイントアドバイス■ 大さじ2杯分を1回分くらいとして、残りは冷凍保存がおすすめ。コンソメと塩を足せば大人も美味しく食べられますよ。

<離乳中期のレシピ>ほうれん草とツナのトマト煮

材料(約1回分)

・ほうれん草 10g(1株分の葉先) ・トマトピューレ 15g(大さじ1) ・ツナ(水煮) 10g ・ツナの煮汁 5g(小さじ1)

作り方

① ほうれん草はやわらかく茹でてきざんでおく

② 茹でたほうれん草を細かくきざみ、トマトピューレ、ツナ、ツナの煮汁を耐熱容器に入れラップをかける

③ 電子レンジ600Wで20〜30秒加熱する

 ■ワンポイントアドバイス■ ツナの煮汁とトマトで、うま味たっぷり!

<離乳後期のレシピ>ほうれん草と豚肉のお好み焼き

材料

・茹でたほうれん草 15g  ・茹でたキャベツ 15g ・茹でた豚ひき肉 10g ・絹ごし豆腐 20g ・小麦粉 大さじ2 ・マヨネーズ 小さじ1 ・かつお粉 小さじ1/4 ・青のり 小さじ1/4

作り方

① 豆腐を滑らかに潰す。茹でておいたほうれん草とキャベツは細かくきざむ

② 豆腐とその他の全ての材料を混ぜ合わせる

③ 2つに分けてフライパンで両面2分ずつ焼く

  ※油を少量ひいてもよい

 ■ワンポイントアドバイス■ 卵の代わりにマヨネーズを使っているので中途半端に卵が残る心配はありません。葉っぱの食感が苦手になりはじめる時期ですが、繊維が気になりにくい食感で、手づかみなので野菜が苦手な赤ちゃんでもチャレンジしやすいです。

まとめ

ほうれん草は、よく噛まないと、そのまま便として排出されてしまうこともある食材です。小さく切って噛みやすくしてあげたり、少し口の中で噛めるようなおやきのようなタイプにすると、パサつきなどが気にならずに食べることができます。水分の中にぺらっと葉が浮いているようなものだと、ほうれん草だけ残ってしまったり、野菜嫌いになってしまうきっかけにも。

食べやすく調理してあげましょう。

この記事の執筆者 奥野由 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
前職は加工食品の研究開発職。自身の出産を機に離乳食アドバイザーを取得し、活動を開始する。ベビーフードの開発および監修の他、大阪府高槻市にて離乳食教室開催、育児広場での相談会などを実施。食品科学、調理学をベースに手軽で美味しいレシピの考案に尽力している。
◆離乳食教室 FooMiLab HP:https://www.foomilab.com/

この記事の監修者 川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文:奥野由 先生、監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです

参考文献
フジ子河村. 「ほうれんそうをゆでる」. 調理科学 19, no. 3 (1986年): 190–92.
優子吉田, と志摩子植田. 「クロロフィルの色調に及ぼす加熱とpHの影響」
眞喜子和泉. 「青菜のゆで調理」. 日本調理科学会誌 39, no. 3 (2006年): 240–43.
「食品添加物及び食品中の残留農薬に関する安全対策」− 国における取組みについて −
瑞穂井上, 亜由美高橋と加織久保. 「ホウレンソウ中のビタミンc量の冷凍および解凍による変化」. 日本調理科学会大会研究発表要旨集 26 (2014年): 107.
Tsujimura Masaru, Arai kyoko, Komatsubara HaurmiとKasai Takamasa. 「Annual changes in the contents of vitamins in the frozen of freeze-dried vegetables and fruits」. food preservation science 23, no. 1 (1997年): 35–40.