1年でもっとも富士山が美しい季節を堪能富士急行株式会社が、ダイナミックな富士山の美しさと迫力をより間近で感じ、近郊エリアの魅力を満喫してほしいという思いから周辺市町村(富士吉田市、富士河口湖町、鳴沢村、忍野村、小山町)の後援を得て「令和初 富士山ウィーク」を実施。

令和最初の「富士山の日」となる2020年2月23日から、4年に1度訪れる「富士急の日」(2020年2月29日)までの期間中、富士山エリアの魅力を堪能できる多彩なイベントやキャンペーンを実施します。

期間中「富士急ハイランド」ではアイススケートの滑走料が無料。特別料金でのフリーパス「セレブレーションパス」も販売されます。

水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」では河口湖駅発着となる特別ツアーの実施。富士急行線では1日100円で電車が乗り放題になる特別きっぷが販売されます(対象は小学生以下)。

「令和初 富士山ウィーク」の対象施設やキャンペーンの詳細は「フジヤマNAVI」で公開される予定です。

利用者への感謝を込めたイベントも開催「令和初 富士山ウィーク」の初日である2020年2月23日と、最終日となる2020年2月29日には、富士急グループの利用者に感謝を込めたおもてなしイベント「Than-Q Festival」を「富士急ハイランド」で開催されます。

当日は大型バスとの綱引き大会や観光バスミステリーツアー、富士汽船船長コスプレ撮影会などのイベントを多数実施。自衛隊車両を含めた働く車の展示や、陸上自衛隊による演奏なども行われます。

参加費は基本無料。「富士急ハイランド」への入園も無料となりす(一部例外あり)。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※富士急行株式会社のプレスリリース/PR TIMES


※富士急行株式会社


※フジヤマNAVI