【個別インタビュー】「CLC」、ことしは1位候補にもオリコンTOP5にも入りたい!

 昨年4月にファーストミニアルバム「High Heels」をリリースし、待望の日本デビューを果たした「Crystal Clear(水晶のようにキレイで透明という意味)」こと 「CLC」。昨年7月には日本セカンドミニアルバム「チャミスマ」で日本での活動を活発に展開し、ますますファンを増やしている彼女たちが、約5か月ぶりに再び日本のファンに会いに来てくれた。また一段と美しくなった彼女たちがスケジュールの合間をぬって応じてくれたインタビューでは、終始笑顔で今年の目標や日本のファンに対する思いを語ってくれた。


<B>―お久しぶりです! 約5か月ぶりの来日となりますが、お気持ちはいかがですか? </b>
スンヨン:日本に着いた時、自分たちの家のように気持ちが楽でした。天気もよくて、変わらず道もきれいでした。日本のファンの皆さんに本当に会いたかったので、この時間をずっと待っていました。日本にまた来ることができて幸せです! 
イェウン:やっぱり日本の空気は私を幸せな気分にしてくれます! 

<B>―2016年を振り返って、皆さんにとってどんな年でしたでしょうか。特に印象に残っていることはありますか? </b>
スンヒ:まず、私たちは2016年の12月31日と、2017年の1月1日の2日間、一緒に練習をして過ごしました。ですので後で振り返った時に、「私たちあの時一緒に練習していたよね」って思い出すことができて、それもまた面白いエピソードになると思いました。
ウンビン:スンヒ姉さんの言葉で思い出しましたが、クリスマスの日にジャケット写真の撮影をしました。それに昨年は「SBS歌謡大祭典」にも出演して、最後まで一生懸命頑張ったなという思いがあります。
スンヒ:年末に頑張ったよね! 
ユジン:そして日本で「チャミスマ」を発売してよい成績を取ることができました。ファンの皆さんのペンライトの光が本当にきれいで感動したことが記憶に残っています。
イェウン:去年日本でデビューしたんですよね。「チャミスマ」は渋谷のタワーレコードのデイリーチャートで1位、オリコンのデイリーチャートで9位になりました。
全員:それが全部去年のことなんだね、信じられない…(メンバー一同しみじみ)
エルキー:私は去年チームに途中から合流したので、韓国でも日本でも一生懸命活動して、よい1年を過ごせたと思います! 
スンヒ:うん、よく頑張ったよ! (一同拍手)
スンヨン:私はリーダーになって、さらに責任感が増しました。リーダーとしてメンバーたちと一緒に過ごした1年はとても幸せでした。

<B>―ソンさんは現在「アイドル祭り」で韓国の家庭で仮想家族と過ごしていますね。母国のタイとは違って驚いたことはありますか? </b>
ソン:本当にたくさんあります。まずご飯を食べる時は、皆がそろうのを待って食べることです。
スンヨン:韓国では皆そろって、その中でも大人がまず食べますよね。
ソン:タイではお母さんが「ご飯食べて」と言ったら誰からでも関係なく食べます。それに韓国は「いただきます」、「ごちそうさまでした」、「さようなら」とかいろいろなあいさつがありますが、タイにはないんです。でも韓国ではそういったことをするのは礼儀だと知って覚えましたが、特に韓国に来たばかりの頃は難しかったです。
イェウン:それは日本もありますよね。時間によって「おはようございます」、「こんにちは」、「こんばんは」とか違うあいさつになるし。
ソン:そうですよね、だから日本語は難しいです(笑)

<B>―一緒に出演している「NCT」のユウタさんは日本人ですが、ユウタさんと日本について話したり、外国で生活することについて話したりはしますか? </b>
ソン:はい、たくさんします。番組でもタイと日本、韓国の違いは話しています。新年の過ごし方とか、あと昔の遊びも実際にやってみたりしました。それから食べ物の話もたくさんします。私は韓国に来て5年になりますが、ユウタ兄さんも数か月の差で、韓国にいる期間がそんなに違わないんです。お互い韓国に来て練習生をしてデビューしているので、似ている境遇で共感する部分が多いです。「兄さん、こういうこと苦労しませんでしたか? 」と聞けば「うん、大変だった」と兄さんが言って、兄さんが「でも韓国のこれはいいよね? 」と聞けば私も「はい、いいです」という感じです(笑)

<B>―今回「アニヤ」の日本語バージョンを準備されたと聞きました。この曲の魅力ポイントを教えてください。そして日本語で歌ってみていかがだったか、感想を教えてください。</b>
ウンビン:まず継続して聞こえてくる口笛の音に中毒性があります。そして歌詞もかわいいんですが、途中かわいいふりをしていたりとか、そんな面白さもあるし、何度も出てくる「アニアニアニヤ」の部分にも中毒性があると思います。
ユジン:私は日本語の歌詞が難しかったです。韓国語では同じ歌詞の繰り返しだった部分が、日本語バージョンではすべて違う歌詞になったので、今回は何だったっけ? とちょっと考えてしまいます(笑)
イェウン:私はラップ担当ですが、今回の「アニヤ」のラップが一番難しかったんです。今まで知らなかった言葉がたくさん出てくるので、ずっと勉強をしながらレコーディングしました。
スンヒ:エルキーもそうだと思いますが、サビに高音があります。日本語で歌うときいつも感じますが、日本語では「おー、よー、うー、いー」とか、柔らかい発音がありますよね。それを高音で歌うのが難しかったです。でもレコーディングしたものを聴いてみたら、韓国語バージョンとはまた違う雰囲気の曲になってとてもよかったです。
エルキー:私も高音のところで、韓国語バージョンでは「やー」と発音するところがあります。「よ」だとよく声が出るんですが、日本語バージョンではそこが「よー」に変わったんです。そこはミュージカルをやっているような感じで歌いました(笑)
全員:ヨ〜! (エルキーのミュージカル風の発音を真似)
エルキー:ちょっと笑っちゃいそうになりましたが頑張ってレコーディングしました(笑)
スンヒ:7日のショーケースで初披露します! 
イェウン:楽しみにしていてください! 

<B>―2017年の目標や挑戦してみたいことはありますか? </b>
スンヒ:去年「CLC」が日本でデビューして、本当に大きな愛をもらいました。今年はその愛に報いることができるように、さらに成果をあげたいと思っています。例えば、「チャミスマ」でオリコン9位でしたが、ことしはTOP5に入りたいです! 
全員:お〜! すごい! 
ユジン:今度韓国でカムバックするアルバムでは、それぞれの個性を見せるように努力しました。それを音楽番組でよく見せることができればいいなと思います。また、ドラマやバラエティなどにもたくさん出たいです。
イェウン:私は二十歳になりましたので、心も体ももっと強くなりたいです。それから「CLC」のチームワークをもっと強くして、私たちの元気な雰囲気がもっと伝わればいいなと思います! 
スンヨン:まずは1月のアルバムでの活動が成功することを祈っています。そして日本と韓国をずっと行き来しながらいろんな活動をしたいです。そして日本のバラエティにも出てみたいです。
イェウン:日本で全国ツアーもやりたいです! 
スンヨン:はい、私たちの夢です! 
エルキー:私は活動をたくさんして「CLC」のことをたくさんの人に知ってほしいです。「CLC」だけの色を見てほしいし、ドラマ、バラエティなど音楽だけでなく多様な活動で、一人ひとりの魅力が見えればいいなと思います。海外での活動もしたいですし、昨年のように日本にも来たいです! 
ソン:音楽チャートに入ることもやはり重要ではあると思います。特に入りたいチャートはMelOnチャート、iTunesチャート、そして日本ではオリコンチャートです! 
イェウン:私たち頑張ろう! 
ウンビン:音楽番組で1位候補にも入ってみたいです! 
ユジン:それにはチームワークが重要だと思います! 
イェウン:私たちはチームワークは自信があります! 
ウンビン:そして私は趣味でポールダンスをしています。とても面白いので、それは今年も続けていきたいです。
ソン:私は曲のコンセプトとか、衣装のプロデュースなんかにも参加できたらいいなと思っています。
全員:お〜! 
スンヒ:今も少し意見を出すことはしていますが、もっと音楽に関してメンバーの参加度を高めていけたらいいよね。イェウンもラップメイキングをしているし。
イェウン:はい、ラップはもちろん、作詞にも挑戦してみたいです! 

<B>―最後に日本のファンの皆さんにメッセージをお願いいたします。</b>
スンヨン:明けましておめでとうございます! 韓国にいたこの5か月の間も、ずっと私たちを応援してくれてありがとうございます。私たち全員日本語を一生懸命勉強しています。ことしも日本のファンの皆さんにたくさんお会いすることを期待しています! 
全員:日本の皆さん大好きです! 愛してる〜! 


 昨年のインタビュー時には常に明るく、元気なエネルギー溢れる様子の「CLC」だったが、ことしもその雰囲気はそのままに、さらに成長し、チームワークもパワーアップしているような印象を与えてくれた。韓国でのカムバックが近づく中、ことしの活動にとても意欲的な姿を見せた7人。今度はどんな楽曲でファンたちを楽しめてくれるのか、そしてことしの日本での活躍にも期待が高まる。

ニュースをもっと見る

関連記事

WoW!Koreaの他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

17時37分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索