【公演レポ】インジュン(大国男児)ら出演の舞台「伊賀の花嫁」が開幕! キレのある“オタ芸”も披露

【公演レポ】インジュン(大国男児)ら出演の舞台「伊賀の花嫁」が開幕! キレのある“オタ芸”も披露

 「大国男児」のインジュン、「TRITOPS*」のイルグン、「Apeace」のドゥファン、そしてガールズアイドルグループ「April」出身のヒョンジュが日本語での演技に初挑戦する舞台「伊賀の花嫁」が、1月13日(金)東京・博品館劇場にて公演初日を迎える。同日公演前に行われたゲネプロでは、4者とも堂々とした演技を見せ、アイドルらしくキレのあるダンスも披露した。

 多彩な出演者によるオムニバス形式で繰り広げる舞台「伊賀の花嫁」はコメディタッチで笑いに溢れた、忍者の末裔の婚活物語となっている。インジュン、イルグン、ドゥファンはK-POPアイドルグループ「ヘップバン」のメンバーを、ヒョンジュは韓国から日本へやってきた留学生、ヨミン役を演じる。

忍者の末裔、伊賀三四郎(町田慎吾)は婚活のために上京し暫くしたある日、三四郎の幼馴染・服部すみれ(片山陽加)と偶然の再会を果たす。三四郎は上京してからアイドルにハマり、“おまいつ”(「おまえいつもいるな」の略で、アイドルのイベントやコンサートにいつもいる人)となり、結婚はできないまま。一方すみれはレコード会社に勤め、忙しい日を送りながらも、婚約し結婚式をあげる予定と、疎遠になっていた2人をとりまく環境は、会わない間に大きく変わっていた。日本にやって来たK-POPアイドルグループ「ヘップバン」は、すみれを連れ、秋葉原で見たアイドルファンの“オタ芸”に感銘を受ける。

 そこで出会ったTO(トップオタク)、仕事の楽屋で出会った演歌歌手、また、留学生ヨミンが出会った巫女の2人など、そうした出会いと、様々な人々のストーリーがひとつになっていく。

 ヘップバンの3人は、新人アイドルのように元気でハツラツとしており、オタ芸に興味津々。すみれもクタクタとなってしまうほどに、落ち着きなく子供のようにはしゃぐ3人だが、その中でも、時にリーダーの顔をみせるのはイルグン。そして元気いっぱいのインジュン、グループの末っ子ドゥファンと本当のグループのように、3人とも息の合った演技を見せた。舞台の随所では、アイドルらしくキレッキレの“オタ芸”を披露した。

 韓国からやってきた留学生ヨミンは、日本文化を学ぶため巫女のもとへ訪れた。純粋なヨミンは、性格が正反対の2人の巫女に翻弄されながら、“いい子”の殻を破りたいという気持ちが膨らんでいく。


 ヒョンジュは、初々しい日本語で可愛らしい姿を披露。
素直で純粋だが、好奇心に溢れた一面も見せ、「もっと激しく生きたい」という自分の本心を出していく様子を堂々と演じきった。

 いくつものストーリーが重なる中で、盛り込まれた笑いと、感動。最後は笑顔に包まれる楽しい舞台となっており、ラストのダンスシーンは圧巻である。
出演者たちの仲の良い温かい雰囲気が伝わってきて、インジュン、イルグン、ドゥファン、ヒョンジュの堂々と、そして楽しんで演じる姿が見ることができる。

 アイドルといったキレのあるダンス、キラキラした笑顔も見ることができ、最後まで楽しめること間違いなし。

 個性的な役者が揃った、舞台「伊賀の花嫁」は1月13日(金)を皮切りに、22(日)まで15公演行われる。役者としてのインジュン、イルグン、ドゥファン、ヒョンジュの日本語演技と、これからのさらなる成長に注目したい。

関連記事

WoW!Koreaの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索