“大けが”のキム・ビョンマン、「ジャングルの法則」新シーズンには参加せず…健康最優先

“大けが”のキム・ビョンマン、「ジャングルの法則」新シーズンには参加せず…健康最優先

 キム・ビョンマンが「ジャングルの法則」のために信頼する元祖メンバーを呼び集めた。

 キム・ビョンマンは先月、米国でスカイダイビングの国家代表世界大会準備のためにトレーニングを受けていた中、脊椎を骨折した。事故直後、米国で手術を受けて最近、韓国に帰国して精密検査を受けて急速に回復中だ。

 新シーズン撮影を控えた「ジャングルの法則」チームはキム・ビョンマンと一緒に撮影に関して慎重に議論した。キム・ビョンマンは「ジャングルの法則」の唯一無二の“族長”だが何より健康回復を優先して考慮しなければならない状況。6年を共にしてきた「ジャングルの法則」制作陣は家族のようなキム・ビョンマンの健康を最優先した。

 最終的にキム・ビョンマンは制作陣との議論の末、より完全な治癒のために8月に予定されていたフィジーでの現地撮影には参加しないことで最終決定した。しかし「ジャングルの法則」に対する彼の格別な愛情だけは休むことがなかった。

 まずキム・ビョンマンは制作陣を助けて元祖メンバーのキャスティングに力を注いでいる。キム・ビョンマンは「復帰する日まで『ジャングルの法則』を堅持することを願う。信頼するメンバーたちに『ジャングルの法則』を任せたい」と伝えた。

 これに秋山成勲、リュ・ダム、ノ・ウジンにイ・テゴン、オ・ジョンヒョク、チョン・ジヌン(2AM)ら「ジャングルの法則」に数回出演していた過去のメンバーたちが集まることになった。秋山成勲はキム・ビョンマンと同じ日の同じ時刻に生まれた友人。「ジャングルの法則 」バヌアツ編、アマゾン編、ブルネオ編に出演した。

 リュ・ダムは13回、ノ・ウジンは9回も出演した。イ・テゴンとオ・ジョンヒョク、チョン・ジヌンもそれぞれ3回ずつ「ジャングルの法則」に出演。また現レギュラーメンバーとして族長キム・ビョンマンの右腕となったKangNam(カンナム)はもちろん一緒だ。

 この他にも数名の出演者らが現在、出演を調整中で、果たしてどのような組み合わせで族長のいない「ジャングルの法則」に挑戦することになるのか、成り行きが注目される。該当シーズンは8月中の撮影を終えれば後半作業を経た後、毎週金曜夜10時に放送中の「ジャングルの法則 in コモド」編の後続で来る9月末ごろに編成される予定だ。

関連記事

WoW!Koreaの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索