【合同インタビュー】カン・ドンウォン、映画「隠された時間」でピュアな感性演技を披露! 自身の少年時代、そしてまだ残っている少年っぽさとは?

【合同インタビュー】カン・ドンウォン、映画「隠された時間」でピュアな感性演技を披露! 自身の少年時代、そしてまだ残っている少年っぽさとは?

 時が止まった異世界に閉じ込められ、大人になってしまった少年。誰も知らない“隠された時間”とは――。2016年に韓国で公開され、話題となった俳優カン・ドンウォン主演映画「隠された時間」は、満月の日に行方不明になるも、数日後、大人の姿になって帰ってきた少年ソンミンと、彼を信じる少女スリンの交流を描いたファンタジック・ラブストーリー。

 これまで出演した「デュエリスト」では刺客、「私たちの幸せな時間」では死刑囚、「チョン・ウチ 時空道士」では導師、「義兄弟 SECRET REUNION」では工作員、「超能力者」では超能力者、「群盗」では武士、「プリースト 悪魔を葬る者」では司祭、「華麗なるリベンジ」では詐欺師など、作品ごとに華麗なる変身を遂げてきたカン・ドンウォンが、本作では外見は大人でいながら、心は少年という難しいキャラクターを繊細に瑞々しく表現。美しいビジュアルに、憂いを帯びた切ないまなざしを浮かべ、新たな魅力をスクリーンに焼き付けた。

 8月19日(土)より、東京・シネマート新宿ほか全国順次公開される本作のプロモーションのため来日したカン・ドンウォンが撮影を振り返りつつ、自身の少年時代のエピソード、さらには仕事に対する考え方についても語った。


<B>―本作では、体は大人で心は少年という複雑な役どころに挑戦されましたが、難しい役を演じてみた感想をお願いします。</b>
15年間、閉ざされた世界から戻ってきた少年の感情を表現しなければならなかったので、演じるのは容易ではなかったです。同時に撮影のスケジュールがハードで、環境面でも大変な部分があったので、もう少し余裕があったら、もっと上手くできたのではないかな、と撮影が終わってから思いました。もし次回、こういう作品に出演するなら、もっとしっかり準備をしてから臨みたいですね。でも、撮影自体はとても楽しかったです。

<B>―時間が止まっているシーンなどは、作品が出来上がってから見たと思いますが、印象に残っているシーンを教えてください。</b>
最初に時間が止まったシーンは、CGがない状態で撮影したので、出来上がったものを見て、とても新鮮に感じました。水しぶきが止まっていたり、猫が空中に浮かんでいるシーンなど、CGで映像がキレイに仕上がっているなと思いました。

<B>―劇中、時間が止まっている間に伸びていた髪を元の世界に戻ってから切っていましたが、そのヘアスタイルがお似合いで、少年の雰囲気もあり、とてもステキでした。監督たちと相談して決めたんでしょうか? </b>
切った後のヘアスタイルは、少年時代のソンミンに最大限近づけようということで、監督のほうから、これくらいの長さにしよう、という話がありました。そして、髪が長いときは、ホームレスのような雰囲気にしようと。なので、これも見逃しがちだと思いますが、スリンの想像の中で、ソンミンが着ている服は、少年時代に着ていたものと同じ服なんです。たぶん皆さん気が付かないと思いますが。

<B>―オム・テファ監督は、ソンミン役として、大人でありながら少年のような俳優は誰かを考えたとき、真っ先にカン・ドンウォンさんが浮かんでオファーしたということですが、ご自身を客観的に見たとき、自分の中に少年っぽさが残っているとしたら、どんな部分だと思いますか? </b>
20代もそうだったし、いまも変わらずそうなんですが、子供時代に学んできた正義、常識というものは、同じように持ち続けているので、そういうものではないかと思います。例えば、子供の頃に好きだった遊びとかは、いまは趣味嗜好が変わってしまったので、全く…。昔はサッカーが大好きだったに、いまは野球が好きでよく見ていたりするし。いま30代半ばですけど、特に20代の頃と比べると、だいぶ変わったなと感じます。30代に入ってから、ターニングポイントがあったように思います。自分でも、大人になろうとしているんだなと感じます。

<B>―ターニングポイントというのは作品ですか? </b>
映画「群盗」を撮ってから、変わったと思います。この作品では、監督や制作スタッフさんが同年代だったので、刺激や影響を受けました。

<B>―実際にカン・ドンウォンさんはどんな少年でしたか? 役を演じるうえで、自分の少年時代を参考にした部分などはありますか? </b>
特に、自分の少年時代を反映させる、ということはなかったです。どちらにしても、ソンミンはすでに大人になっているので。時間が止まってから、一気に大人になったのではなく、時間の経過の中で成長しながら、大人になっていきましたから。
僕自身、少年時代はすごくイタズラっ子で、活発な性格でしたが、“男とはこうあるべきだ”という教育を受けた影響で、徐々に口数が少なくなり、寡黙になっていきました。でも、大きくなって、ふと、“どうして男はこうあるべきなんだろう”という疑問が湧いてからは、言葉数も多くなっていきました(笑)。

<B>―劇中、ソンミンは時間が止まっている間、いろいろな勉強をしたり、石鹸にスリンの顔を彫ったりしていましたが、カン・ドンウォンさんだったら何をしますか? </b>
もし離島に閉じ込められていないのであれば、韓国から、歩いてヨーロッパまで行ってみたいです。数年がかりで、行けるんじゃないでしょうか(笑)。あちこち回ってみたいです。

<B>―カン・ドンウォンさんは神秘的なイメージがあるので、あえて聞きたいんですが、日本では「TWICE」がデビューして話題ですが、ガールズグループに興味はありますか? </b>
(「TWICE」の日本デビューは)ニュースで見ました。ガールズグループは好きなんですが、テレビでは野球とニュースしか見ないので、正直に言うと、最近人気のグループはよく分からないです。年をとった証拠かなと思いますが(笑)。それでも、「TWICE」や「BLACKPINK」は韓国で有名だし、人気があるので知っています。

<B>―日本をはじめ、海外にもファンが多いと思いますが、海外で仕事をするとき意識していることはありますか? </b>
特にありませんが、海外の仕事では、通訳さんがいらっしゃるので、なるべく言いたいことをたくさん伝えられるように、早口で話すこともあれば、言葉を短く切って伝わりやすいようにすることもあるし。それぐらいの違いだと思います。英語圏に行くと、最近は話せることなら、英語で答えるようにしています。(日本語で)日本語も一緒ですけど。

<B>―「第16回ニューヨークアジア映画祭」(6月30日〜7月16日)では、「隠された時間」でカン・ドンウォンさんが「アジアスター賞」を受賞されましたが、この賞を受賞するのは、韓国の俳優としては、ソル・ギョングさん、イ・ビョンホンさんに次いで、3人目の快挙だそうですね。受賞の感想をお願いします。</b>
とてもうれしいです。その前に受賞されている先輩たちも、僕が好きな俳優さんなので。

<B>―今後の活動を日本も含め、さらに世界に広げていく考え、予定はありますか? </b>
いままでは、アジア市場を念頭に置き、アジア市場で何かを作り出していく、という使命感があったんですが、媒体の特性が変わってきたことによって、僕の考え方にも変化が出てきました。昔は、映画はスクリーンで見るものでしたが、最近はデジタル環境の変化や普及によって、韓国ではテレビの平均サイズがとても大きくなり、映画もストリーミングで、公開と同時にテレビで見られるようになりました。
なので、もう少しワールドワイドに考えたほうがいいのではないかと。アジアで公開できる作品を作る、ということにとらわれるのが、無意味なのではないかと思えてきて、いろいろなことを考えているところなんですが、仕事関係で会う人も、グローバルプロジェクトで物事を考えていることが多いので、僕の関心もそちらに向かっているし、それが十分可能だと思います。昔は、西洋と東洋の文化が切り離されていましたが、若い世代ではミックスされてきているので、僕もグローバルプロジェクトに臨んでいきたいなと思っています。

<B>―日本の観客も「隠された時間」の公開を楽しみにしていると思います。この作品を通して、伝えたい思い、感じてもらいたいことはありますか? </b>
全ての観客の皆さんに言えることだと思いますが、楽しく見ていただければ、それで十分です。作り手の立場から言うと、映画の世界観とか、いろいろな意味、メッセージを込めていますが、観客の方にはリラックスして、気軽に楽しんでほしいなと思います。


 インタビューでも、日本語で話せることは、日本語で答えるようにしていると言っていたが、実際に、所々日本語で答えていたので、その上達ぶりにビックリしていると、日本語で「僕の(日本人の)友達が、英語ができないから、僕の日本語がだんだん」と笑い、日本語上達の理由を明かしてくれたカン・ドンウォン。

 趣味嗜好、そして考え方も変わってきたと語っていたように、常に変化とチャレンジを繰り返しながら、作品作りに真摯に向き合い、海外でも高い評価を受けている彼が、「隠された時間」では澄んだ瞳と、ピュアな表情で感性あふれる演技を披露し、少年っぽさが残る姿をスクリーンに映し出した。
映画「隠された時間」は8月19日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開! 




「隠された時間」
<STORY>3人の子供たちが謎の失踪を遂げた事件。時間と空間が止まった世界に閉じ込められ、大人になって帰ってきたと主張する、“心は少年のまま”のソンミン(カン・ドンウォン) と、唯一彼を信じる少女スリン(シン・ウンス)。しかし、周囲の大人たちはスリンが正体不明の謎の大人に振り回されていると心配し、警察がソンミンの後を追う。果たして彼は本当に時間の中に取り残されていたソンミンなのか、もしくはただの不審者なのか―。
出演:カン・ドンウォン「華麗なるリベンジ」「MASTER/マスター」
シン・ウンス、キム・ヒウォン、クォン・ヘヒョ、ムン・ソリ、オム・テグ、イ・ヒョジェ
2016年/韓国/130分/カラー/5.1chデジタル/日本語字幕:金 仁恵
(C) 2016 showbox and barunson e&a ALL RIGHTS RESERVED. 配給:ハーク


関連記事

WoW!Koreaの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索