韓国俳優イ・ジュンギがtvN期待作「悪の花」に出演することがわかった。

 イ・ジュンギのtvNドラマ「悪の花」キャスティング確定のニュースが伝えられ、大きな話題を集めている。2018年ドラマ「無法弁護士〜最高のパートナー」以来、2年ぶりの復帰作であるだけにイ・ジュンギのキャスティングニュースはそれだけでも視聴者の期待を高めている。

 イ・ジュンギが主人公として出演する「悪の花」は残酷な過去を隠し身分を変えた男と、その過去を追跡する刑事の妻の物語を描いたサスペンスラブストーリー。

 劇中、イ・ジュンギが演じるペク・ヒソンは妻と娘に献身的で家庭的な男だが、実は現在の地位を得るために妻を完璧にだましてきた感情のない人物。キャラクターが持つ二重の内面を繊細な心理描写で描くイ・ジュンギの演技変身はすでに数多くのファンの期待を高めている。それだけでなくヒロイン=チャ・ジウォン役に女優ムン・チェウォンがキャスティングされ、ドラマファンの好感がより一層高まっている。

 イ・ジュンギは所属事務所を通じて「初めて台本を見たとたんに、欲が出た作品だった。新しい挑戦がわくわくするので、楽しい気持ちで撮影に臨む予定だ」と伝えた。続けて「心理描写が多いキャラクターだ。たくさん研究が必要で、一生懸命準備している。ムン・チェウォンさんとの共演も楽しみだ。素晴らしい作品になるよう最善を尽くす」とし、作品に臨む格別な意気込みを語った。