風俗店の女性従業員に性的暴行を加えた疑惑を受けている男性ソロ歌手のキム・ゴンモ(52)が15日、12時間にわたる警察の調査を受けた。キム・ゴンモ側は「容疑が事実ではない」と犯行を否認した。

キム・ゴンモは同日夜10時14分ごろ調査を終え取材陣の前に姿を現した。知人を同行して警察署を後にしたキム・ゴンモは若干緊張した姿で「国民の皆さんにご心配をおかけし心からお詫び申し上げる」とし「警察で誠実に答弁した」と口を開いた。

そして「一日でも早く真実が明らかになれば幸いだ」とし「今後別途に希望されるのであればまた調査を受ける気持ちがある」と述べた。また「いつもいいことでインタビューをしていて、このようなインタビューをするととても緊張する」と付け加えた後、準備された車両に乗り込んだ。性的暴行の疑いを直々に問う質問には回答を避けた。

まもなくキム・ゴンモの弁護人は「多くの方々が推測して想像していることの数々と異なるさまざまな事実がある」とし「まだ捜査中のためこのような事実についてこの場で申し上げることが困難だ」と明らかにした。

また同日調査で「この問題を提起した方々が主張されている内容とは異なる資料をいくつか提出した」とし「時間が経てば真実が明らかになると信じている」と言葉を続けた。キム・ゴンモ側が控訴人を口止めしようと試みたという疑惑があるという質問には「まったくそのようなことはない」と断言した。

これに先立ちキム・ゴンモは同日午前10時22分頃に被疑者身分で調査を受けるためにソウル江南(カンナム)警察署に出席した。

警察署の正門と裏門で待機していた取材陣をまき非常階段で調査室に向かった彼は「容疑を認めるのか」、「風俗店の従業員を性的暴力した事実があるのか」と尋ねる取材陣の質問に暗い表情で何も答えなかった。

キム・ゴンモから性的暴力を受けたと主張する風俗店の従業員A氏は昨年12月9日にカン・ヨンシク弁護士を通じて、キム・ゴンモをソウル中央地検に告訴した。カン弁護士は同日、江南警察署の近くでキム・ゴンモの有罪を繰り返し主張するYouTube番組を行ったこともある。

キム・ゴンモの性的暴力疑惑は昨年12月6日にカン弁護士などが運営するYouTubeチャンネルを通じて初めて提起された。A氏側はキム・ゴンモが2016年8月ごろ江南区論硯洞(ノンヒョンドン)に所在する飲み屋で酒を飲んでいたが自身を性的暴行したと主張した。

警察はキム・ゴンモに暴行の被害を被ったという風俗店従業員A氏を相手に、先月14日8時間ほどにわたった告訴人調査を進めた。

今月8日にはキム・ゴンモにの車両を押収捜索し、ナビゲーション保存装置をソウル地方警察庁デジタル・フォレンジックセンターに送り分析を依頼した。警察はこの時に確保した衛星航法装置(GPS)を記録するなど、キム・ゴンモが実際にA氏が働いていた店を訪問したかどうかなど、彼の動線を確認している。

キム・ゴンモはA氏の最初の暴露以降、無罪を主張し続けている。彼は先月13日にA氏を誣告罪で告訴し、キム・ゴンモの所属会社は、6日A氏を情報通信網法上、名誉毀損で告訴した。