ガールズグループ「EXID」のへリンが、バナナカルチャーエンタテインメントと契約を解約した。

 「EXID」へリンは16日、自身のインスタグラムで「昨年、再契約延長をしたが、バナナカルチャーエンタテインメントと円満な対話と相談の末に契約を解除することになったことをお知らせする」と明らかにした。

 先立って、へリンは昨年5月にソルジ、LEと共にバナナカルチャーエンタテインメントと再契約を締結した。 ハニとジョンファが専属契約満了後、それぞれの目標に向けて新しい所属事務所に移ったが、「EXID」は“転換期”と説明し、グループ解散については考えていないと明らかにしていた。

 しかし、へリンもやはり最近専属契約が満了となり再契約せず、バナナカルチャーエンタテインメントを去ることになった。

 へリンは「これからもさまざまな活動でファンの皆さんにお会いする予定なので、たくさんの応援お願いします」と呼びかけた。

 一方、へリンは2012年に「EXID」のメンバーとしてデビューした。 歌手活動はもちろん、様々なバラエティで存在感を発揮して多く愛されている。

以下、「EXID」へリンの立場全文

こんにちはEXIDへリンです。
記事を通じて接した方たちもいらっしゃいますが、私も立場を明らかにしなければならないようで書くことになりました。
昨年再契約延長をしましたが、バナナカルチャーエンタテインメントと円満な対話と相談の末に契約を解除することになったことをお知らせ致します。
これからもさまざまな活動でファンの皆さんにお会いする予定なので、たくさんの応援お願いします。