「BLACKPINK」が東京ガールズコレクションのメインアーティストとして出演が確定した。

 「BLACKPINK」は来たる2月29日、国立代々木競技場第1体育館で開かれる「第30回マイナビ東京ガールズコレクション2020 SPRING/SUMMER(以下マイナビTGC 2020S/S)」でメインアーティストとして舞台を飾る。

 今回30回目を迎える「マイナビTGC 2020S/S」は日本を代表するファッションの祭典だ。「BLACKPINK」は去る2017年の日本デビュー時からこの舞台に4回出演している。 日本で爆発的な人気を誇る「BLACKPINK」の日本での立場を今一度確認できる部分だ。

 「BLACKPINK」は「今回で4度目のTGC出演が決定して、私達も本当に嬉しい」とし、「皆さんと会えるという思いに早くも期待しています」とはやる心を伝えた。さらに、「皆さん待っていて下さい。当日には一緒に楽しく遊びましょう」と伝えた。

 「BLACKPINK」は昨年、4大陸23都市32公演に及ぶ初のワールドツアーを通じ、世界の様々な場所のファンたちと会った。

 特に日本では昨年12月4日、東京ドームで5万5000人、1月4日と5日には京セラドームで計10万人余りを動員し、全席を完売させた「BLACKPINK」は来たる2月22日、福岡ヤフオク! ドームでフィナーレを飾る。

 「BLACKPINK」は日本ドームツアーとともに、新しいアルバム作業を進めている。 2019年、全世界を「Kill This Love」ブームに導いた「BLACKPINK」が新たに披露する音楽に関心が寄せられている。