バラエティ番組「アイドルルーム」で、イ・ジェジン(Sechs Kies)が最近美術個人展を開催した近況を明らかにした。

11日午後6時30分から韓国で放送されたJTBC「アイドルルーム」では、新曲「ALL FOR YOU」でカムバックした第一世代アイドルグループ「Sechs Kies」が主人公として登場した。

「Sechs Kies」のメンバーたちは番組恒例の「アイドル999」のオーディションに先立ち近況を伝えた。最近美術個人展を開催したイ・ジェジンのニュースが伝えられ、MCたちを驚かせた。そしてイ・ジェジンの作品の数々が公開され、MCを務めるコメディアンのチョン・ヒョンドンは「これは絵だと思わなかった」とイ・ジェジンの絵の実力に驚いた。

さらにチョン・ヒョンドンは「よく分からないが作品を売らないの? 最高価格を聞いてもいい? 」と慎重に尋ねるとイ・ジェジンは「初めての展示会なので60号サイズで600万ウォン(約60万円)」と答え皆を驚かせた。実際の販売価格でないかと再び聞いたメンバーたちにイ・ジェジンは「もらいたい」と冗談を言い笑いを誘った。

しかしイ・ジェジンは実際に50号を500万ウォンで売ったと照れくさそうに明かした。「Sechs Kies」のメンバーたちはイ・ジェジンの絵に対して自分たちだけの基準で価格を付け大きな笑いを誘った。チャン・スウォンは「絵の具の値段程度の支出でいい」、キム・ジェドクは「くれても持ち帰らない」、ウン・ジウォンは「4万5000ウォン、ダーツで使う」とイ・ジェジンをからかい愉快な雰囲気を続けた。