韓国アイドルグループ「NU’EST」や「SEVENTEEN」などが所属するPLEDISエンターテインメント側が疎外階層のために寄付したことがわかった。

 PLEDISエンターテインメント(以下、PLEDIS)の関係者は12日「今週はじめ、愛の実社会福祉共同募金会を通じて寄付した」と明らかにした。

 PLEDIS側は「最近新型コロナウイルスにより一人暮らしの高齢者など疎外階層のための無料給食所が運営していないという話を聞き、支援しようと寄付先を調べた」と説明した。

 PLEDIS所属の歌手と善行を実施している。「NU’EST」はデビュー7周年を迎えて、難聴の子どもたちや発達障がい者を応援する特別な寄付を実施する一方で、童話の販売収益金全額を寄付したこともある。

 また「SEVENTEEN」も昨年、ファンクラブ「CARAT」の名前で、成長する子供たちの快適な住居環境づくりのため、安全な住居権の保障に取り組んでいる“家らしい家に”キャンペーン後援に参加し、心温まる気持ちを加えた。