韓国女優コ・スジョンが24歳という若さで死去したことが伝えられた中、側近は13日、韓国メディアの取材に応じ「先月病状が悪化し、体調が悪い状態が続いていた」と慎重に伝えた。

 また、メディア側が「記事のコメント欄には、コ・スジョンさんが脳腫瘍だったと書かれているようだが…」と問うと、これに「その通りだ」と回答した。

 去る12日、事務所側は公式SNSを通して「弊社の大切な女優コ・スジョンさんが空の輝く星になりました。最も美しかったあなたの青春を、その心のように美しかった演技を、私たちは永遠に記憶します」とし、コ・スジョンの訃報を伝えた。

 一部ネットユーザーらは、ポータルサイトで「コ・スジョン」と検索すると、人物情報が表示されないことを「残念でならない」とし、今からでもプロフィールを作成するべきでは、との意見を伝えている。

 これについて、側近は「事務所側が対応しようと試みているが、コ・スジョンは生前、出演した作品でキャラクターを与えられ、最初から最後まで一定期間以上の出演がないため、プロフィール登録ができないと承知している」と説明した。