俳優のイ・ジェフンがSBSドラマ「ストーブリーグ」に特別出演した感想を伝えた。

イ・ジェフンは15日、自身のインスタグラムに「あまりにも愛情ある作品に出演することができて光栄でした!! 」と「ストーブリーグ」に対するファン心を表した。

そして「ペク・スンス団長とイ・セヨン運営チーム長、チャン・ジヌ選手をはじめとした『ストーブリーグ』の家族の方々、本当にお疲れ様でした!! 本当に忘れられないです!! 最高でした」と格別な感慨を伝えた。

普段SNSを通じて「ストーブリーグ」の熱狂的なファンを自任したイ・ジェフンは今月14日に放送が終了したSBS金土ドラマ「ストーブリーグ」の最終回に“ドリームズ”を買収するPFの代表として登場し視聴者たちの喜びを与えた。

一方、イ・ジェフンは今月26日に韓国で公開する映画「狩りの時間」で観客たちと出会う。