韓国ガールズグループ「MAMAMOO」のメンバームンビョルが、新しく発売したソロアルバムで女性ソロとしての跳躍を予告した。

15日、アルバム販売量集計サイトのチャートによるとムンビョルの新ミニアルバム「DARK SIDE OF THE MOON」が、発売初日だけで5万9000枚以上の販売高を上げ、強力なアルバムパワーを誇示した。これによってムンビョルは、初日の販売数だけで歴代女性ソロアーティスト初動売上4位に上がる快挙を成し遂げた。

これは昨年11月に発売した「MAMAOO」正規2集「reality in BLACK」の初日販売量(5万1500枚余り)を上回る記録だ。その後のムンビョルの最終初動売上にも多くの注目が集まっている。

それだけではなく、Mnet「M COUNTDOWN」、KBS2「ミュージックバンク」で披露した新曲「Eclipse」の舞台と映像もこれまでに48万回再生を突破し、その話題性を立証した。

このようにムンビョルは、新ミニアルバム「DARK SIDE OF THE MOON」の公開と共に音源、CD、音楽番組で頭角を現し、成功的なソロカムバックを知らせた。

タイトル曲「Eclipse」は、内面の二重性を月が太陽を覆う「日食」に例えて表現しており、強烈なビートとムンビョルの魅力的な中低音の歌声が合わさり、さらに魅力的なサウンドを完成させた。

ムンビョルは今日(15日)、MBC「ショー! 音楽中心」に出演してソロ曲「Eclipse」のカムバック舞台を披露する。