10人組ボーイズグループ「TOO」の誕生過程が再び放送される。

昨年10月に終映したグローバルK-POPアイドル成長日記Mnet「TO BE WORLD KLASS」が日本最大のインターネットプラットフォーム・AbemaTVを通じて放映された。

計10部作で構成された「TO BE WORLD KLASS」は20日、第1回から第5回まで相次いでAbemaTVのウェブサイトとアプリで放送された。

「TOO」に最終的に抜擢されたチフン、ドンゴン、チャン、ジス、ミンス、ジェユン、JYOU、キョンホ、ジェロム、ウンギの練習生時代を再び見られるのはもちろん、グローバルアーティストたちと様々なミッションを経るほど発展するメンバーたちの成長記を伺うことができる為、さらに特別な意味を加えた。

「TO BE WORLD KLASS」第6回から最終回は28日に放送される予定で、「TOO」は従来の日本のファンはもちろん全世界に分布するK-POPファンの目と心を虜にする見通しだ。

一方「TO BE WORLD KLASS」を通じて発掘された新鋭ボーイズグループ「TOO」は東洋哲学を盛り込んだ世界観シリーズの最初のミニアルバム「REASON FOR BEING:仁」の発売準備に拍車をかけている。