映画「犯罪都市」(監督:カン・ユンソン)や「悪人伝」(監督:イ・ウォンテ)、そしてNetflixオリジナルシリーズ「キングダム」のシーズン2まで、さまざまな作品を通じて強烈な印象を残した俳優キム・ソンギュが、圧倒的なカリスマが引き立つ白黒グラビアで視線を虜にした。

最近発売されたトレンドマガジン「W Korea」の4月号のグラビアでキム・ソンギュは、ブラックのニットからアニマルプリントのパンツやジャケットまで多彩なスタイリングを着こなした。特にキム・ソンギュは深いまなざしや表情で魅力的な雰囲気を演出した。

グラビア撮影とともに続いたインタビューでキム・ソンギュは、劇団生活をしていた時から現在まで自分をリードしてくれた原動力は何かという質問に、「プレッシャーだ。大小のプレッシャー、不安がずっと演技をやり遂げなくてはいけないという一種のパワーになった」と答えた。

どんな時間が一番リラックスするのかという質問には「明日に対する心配をしなくてもよい状態になると一番リラックスできる。ステキな時間にステキな人々と付き合おうと努力している。今回『キングダム』シーズン2の制作発表会を終え先輩たちと食事をした後、帰り道の途中で心が安らぎ気分がよかった」とささやかな日常を共有した。

一方、キム・ソンギュは23日に初回放送を迎えたtvN新月火ドラマ「半分の半分」(演出:イ・サンヨプ、脚本:イ・スクヨン)で音楽家の間で認められるクラシックのピアニストカン・インウク役を演じ、視聴者たちを魅了する予定だ。