韓国歌手チョ・グォン(2AM)が転役(除隊)の心境を伝えた。

 24日、チョ・グォンは自身のSNSに「2018.08.06~2020.03.24。ファラン、申告します! 軍楽隊兵長チョ・グォンは2020年3月24日付で除隊を命じられました。ここに申告します」と除隊を知らせた。

 チョ・グォンは「一昨年の猛暑に入隊して597日、来なさそうだった除隊の日をついに迎えることになりました」とし「僕を待っていてくださり心から感謝します」と伝えた。

 彼は「決して安易ではなかったし、多事多難でもありました。しかし僕の軍生活において、大きな力になってくださったとても良い幹部の方々、軍楽隊員たち、軍ミュージカル派遣徴兵たち、そして家族、友人、愛するファンの皆さん、心から感謝します。おかげで元気に除隊できるようになりました」と自分と共にしてくれた彼らに感謝を表した。

 続けて「人生の中で忘れない瞬間がとても多く、過去と現在、そして未来をつなげてくれる重要な時間と、大韓民国のため忠誠を尽くし、僕が担った任務を最後まで最善を尽くして遂行し、過ぎてみると幸せだった思い出もたくさん残りました」と付け加えた。

 最後にチョ・グォンは「予備役チョ・グォンになりました。本業である歌手チョ・グォンに戻り、僕が進もうとする虹色の様々な姿をたくさん期待して応援してください。ありがとうございます! ファラン! 」と伝えた。

 また彼は「夢じゃないよね。目を覚ますとまた訓練所じゃないはず」と付け加えて、笑いを誘った。