韓国ボーイズグループ「防弾少年団」メンバーのJUNG KOOKが手掛けた動画「G.C.F in Tokyo」が再生回数2000万回を超えて話題になっている。

「防弾少年団」のYouTube公式チャンネル「BANGTANTV」に掲載された動画「G.C.F in Tokyo(JUNG KOOK&JIMIN)」が19日、再生回数2000万回を突破した。

これは、JUNG KOOKが撮影から編集、製作まで自ら作業する個人コンテンツ「G.C.F(Golden.Closet.Film)」の一つで、2017年11月8日に公開した最初の作品。動画には、JUNG KOOKとJIMINが空港を出発する姿から始まり、東京の街を歩き、ショッピングと食事をしながらディズニーランドを楽しむプライべートの東京旅行記が収められている。

特にBGMと調和した動画の人物構図、背景、アングル、ショットサイズ、動き、色感などをマッチさせた演出、編集の腕前でJUNG KOOKの独創的な個性を感じさせる。またJUNG KOOKは、動画公開のために独学で編集を学んだと明かし、話題を集めていた。