女性ソロ歌手IU側がネットでの悪質な掲示物に対して受け付けた告訴件と関連し、第1次的に加害者たちが刑事処罰を受けたと明らかにした。

IUの所属事務所EDAMエンターテイメント側は24日、公式SNSを通じてIUに向けた悪質な掲示物に対する告訴進行状況に対して伝えた。

一方、IU側は昨年10月に「無分別な悪質コメントや虚偽事実の流布により名誉棄損、性的嫌がらせ、人身攻撃などの度合いが非常に深刻だ」とし、ソウル中央地方検察庁に第1次的に告訴状を受け付けたことがある。

以下、所属事務所の表明全文

こんにちは。EDAMエンターテイメントです。

先だってEDAMエンターテイメントは各種オンラインコミュニティサイトおよびSNSチャンネルのモニタリングを通じて、自社アーティストIUに対する虚偽事実の流布、セクハラ、名誉棄損、人身攻撃、プライバシー侵害など悪質な掲示物を、善処なく厳重に法的措置を取ることをお知らせいたしました。

昨年10月に法務法人の身元を通じてアーティストに向けた悪意的な誹謗掲示物に対して受け付けた告訴件に関連し、第1次的に加害者たちが刑法第311条の侮辱罪(1年以下の懲役や禁錮または200万ウォン以下の罰金)などの容疑を認められ、刑事処罰を受けており、他の加害者たちも刑事処罰を控えています。

確認の結果、加害者の大多数がアーティストを傷つける悪質な掲示物や書き込みなどを数回掲示したことが明らかになりました。

続いて行われた2次告訴件は現在捜査中にあり、第1次と同様にいかなる合意や善処なく強硬に対応いたします。捜査が完了するまでは進行状況に対して詳細にご案内できない点をご了承くださり、今後の結果が出次第、再びご案内いたします。

当社は独自のモニタリングおよびファンの皆さんから送っていただいた資料の数々を基に、悪質な掲示物やコミュニティサイトなど多方面から鋭意注意し、アーティストに対するすべての部分をモニターしています。

また、一部の非公開コミュニティサイトたちの閉鎖的な特性上、現在のようなファンの皆さんたちの情報提供は大変役に立っており、当社も持続的にモニタリングをしその深刻さを認知しています。

独自収取した資料とファンの方々が情報提供してくださった資料を基に、法的対応を続けますので、ファンの皆さんたちの多くのご協力をお願いいたします。

アーティストを愛する気持ちが大きいだけに、彼女に対する悪質な掲示物を直々に見ることがどれほど胸が痛むことか、十分に共感していますので、当社のすべてのスタッフたちは情報提供メールを毎日1通ずつ抜け目なく責任を持って確認しています。

今後も所属アーティストやファンの皆さんを誹謗する目的の常習的かつ悪質的な掲示物に対する定期的な刑事告訴、および民事上の損害賠償請求などの民事・刑事上のすべての措置を進めてまいります。

EDAMエンターテインメントは、アーティストIUとIUを大切にしてくださるファンの方々の安全で幸せな2020年のために、悪質な掲示物の根絶に努めてまいります。

ファンの皆さんの大切な心に耳を傾けたいと思います。これまでのようにたくさんのご協力をお願いします。

ありがとうございます。