韓国社会に衝撃を与えている”n番部屋事件”の容疑者”博士(パクサ)”ことチョ・ジュビン容疑者(25)が、俳優チュ・ジンモ(45)の「プライベート流出事件」への関与をほのめかしていることがわかった。

 27日、韓国メディアによるとチョ容疑者は1月、Telegram内で運営していた「博士(パクサ)部屋」で、「チュ・ジンモ、博士(自分)がやったことを知らないのか」と発言。「チャンさんとファンさんのメッセージと写真も、俺が受け取った。チュ・ジンモのカカオトーク(メッセンジャーアプリ)は酷いものだ。弱いチョン・ジュンヨン級」などと言及したという。

 また、チョ容疑者はチュ・ジンモが使用しているIDとパスワードが同一である点を利用して内容を把握、これを利用して脅迫したが合意が成されず、自身が(チュ・ジンモの)メッセージ内容を流出させたと主張した。

 ただしチュ・ジンモのアカウントをハッキングしたのではなく「ログイン接続から関連情報を得た」と説明していることがわかった。

 一方、韓国で問題となっている“Telegramのn番部屋事件”とは、女性を脅して撮影したわいせつ画像をSNS上で数十万人が共有していた事件。組織的なデジタル性犯罪で、20万人以上の有料会員が存在していたとされる。また、被害女性は未成年者を含み70人以上にのぼることがわかった。