飲酒運転で摘発された際、現場の警察に金銭を渡すことを提案し、取り締まりをもみ消そうとした容疑で起訴された「FTISLAND」元メンバーのチェ・ジョンフン(30)が、1審で懲役1年・執行猶予2年を宣告された。

 ソウル中央地裁は27日、賄賂(わいろ)供与などの容疑で裁判にうつされたチェ・ジョンフン被告に懲役1年・執行猶予2年を言い渡した。また80時間の性暴力プログラム履修と児童青少年関連期間での5年間の就業制限を命じた。ただし、身元情報公開命令は免除とした。

 判事は「被告が示した意志は、賄賂供与に該当することは明白である」とし、チェ・ジョンフン被告の容疑を「有罪」と認めた。

 これまでの裁判でチェ・ジョンフン被告は「本当に(金銭を)払おうという意思ではなく、状況を免れようとして言ったこと」と容疑を否認していた。

 チェ・ジョンフン被告は2016年、飲酒運転でを取り締まった警察官に対し「200万ウォン(約19万円)を支払う。見逃してほしい」ともちかけた容疑(賄賂供与の意思表示)を受けている。また、違法撮影された写真をメッセンジャーを通して流布した容疑(性暴力処罰法違反、わいせつ物配布)ももたれている。なお、チェ・ジョンフン被告は違法撮影物流布容疑については全て認めていた。